"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

コマンド・ライン・インターフェースの仲間たち

黒い画面で黄緑の文字色、ハッカーみたいでカッコイイ!!!と小学生の時に映画のワンシーンか何かの印象が強く残っています。

その時はまさか自分がITの世界にいる将来なんて想像していなかったです。

 

ハッカーとは程遠いインフラの下の方(ラックの下の方)にあるストレージ担当としてですが、似たような画面でコマンドを入力するようになるとは...

*イメージ図です

f:id:vmwarekkHCI:20170802163242p:plain

 

VMware のHCI、vSphereはもちろんvSAN の統合管理としてvCenter があります。

vCenter には管理UIであるWeb Clientがあります。

GUIで管理はもちろん最初はどこになにが、となりますが、毎日クリックするところは大体同じなので慣れればスマホのように使えます。

 

GUICLIの向き不向きとは?とても一般論です。

GUI:マウスが使える人なら誰でも使える、ひとつひとつクリックして設定する

CLI:使い方を覚える必要がある、大量に定型化したものが作れる

 

vSANにはコマンドラインのツールとして3種類あります。 

  1. RVC
  2. esxcli
  3. PowerCLI

 それぞれの特長をまとめます。

 

1. RVC

 

vSAN 関連のvCenter から行なっているパラメータやステータスの設定、変更、確認が可能

About VMware vSAN

 

2. esxcli

ホストとして持っているvSAN パラメータやステータスの設定、変更、確認が可能

Using Esxcli Commands with vSAN

  

3. PowerCLI

ESXi、仮想マシン、vSAN においてより自動化を進めるためのツールで、vCenter から可能な設定のほとんどをスクリプト化することが可能

PowerCLI 6.5.1 - VMware {code}

 

すでに過去の投稿でRVCの話も出てきましたが、改めて整理してみました。

詳細については例をあげて投稿するかもしれません。

vSAN と ESXi のちょっとだけ複雑な関係

VMware製品の互換性という点では、Interoperability Guideとうものがあります。

例えばESXi と vRealize Operations Manager、どのバージョンを組み合わせて使用できるのか調べることができます。

vmwarekkhci.hatenablog.jp

 

 

vSAN はESXi に組み込まれています。

ただですね、vSAN のバージョンの呼び方があるので、vSphere 6.x update1の時にvSAN 6.x update1という名前はついていません。

vSAN の場合、vSAN 5.5,vSAN 6.0/6.1/6.2/6.5/6.6/6.6.1となります。

このバージョンのvSAN はESXi でいうとなんなんだ!

どのESXi をインストールするとどのvSAN バージョンになるんだ!

 ここが少しだけ複雑な関係の部分です。

 

vSAN と vSphere(ESXi) のバージョンの対応についてKBが出ました。

f:id:vmwarekkHCI:20170801141908p:plain

Build numbers and versions of VMware vSAN (2150753) | VMware KB

これを見ればESXi のビルドでどのvSAN バージョンなのかわかります!

ぜひ一度ご確認ください。

  

続きを読む

vSphere 6.5 u1 デビュー!!!

vSphere 6.5 update1 = vSAN 6.6.1 がリリースされました!

 f:id:vmwarekkHCI:20170728155105p:plain

 前回のvSAN 6.6でストレージ機能として盛りだくさんのアップデートがあったので、今回は控えめに。管理面のアップデートが中心となります。

 

vSphere Update ManagerへのvSAN 統合

vSAN HCL(互換性)に基づいたサポートされる最新バージョン(vSphere と vSAN)と物理サーバの互換性も含め、自動化されたライフサイクル管理を行い、数クリックで簡単にvSAN クラスタのアップデートが可能になりました。

 

VUMのリリースノートはこちら

VMware vSphere Update Manager 6.5 Update 1 Release Notes

 

パフォーマンス診断

vSAN Cloud Analyticsが拡張され、HCIBenchなどのベンチマーク、特にPoC下でのクラスタのパフォーマンスを分析し、パフォーマンスの向上に関する重要な推奨事項を提供します。

 

ストレージデバイスの保守性

ドライブLEDを点滅させハードウェア保守をシンプル化し、障害のあるストレージデバイスの物理的な位置を特定するのに役立ちます。この機能は現在、コントローラのパススルーモードでサポートされています。

 

 

 

あとはライセンス関連で2つほど。

vSAN Enterprise for ROBO

ROBOライセンスにEnterPriseが登場しました!

通常のCPUライセンスと同様に、暗号化とストレッチクラスタを含みます。

仮想マシンの数で金額が決められているので、少ない仮想マシン数の場合コスト効果が高くなることもあります。

 

 

Horizon にバンドルされるvSAN Enterprise

Horizon Advanced もしくはEnterpriseからvSAN Enterprise for Desktop にアップグレードすることにより、vSAN Enterpriseの機能(暗号化とストレッチクラスタ)が使用可能です。

 

ダウンロードはこちらから。

f:id:vmwarekkHCI:20170728155518p:plain

my.vmware.com

 

本日はプレミアムフライデーです。

良い週末を...!!! 

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑩ - 最適化 性能監視

最適化、性能監視編です。

 

vSAN 環境の性能監視を行うためには1つ有効化するサービスがあります。

パフォーマンスサービス

vSAN 6.2以降のバージョンで有効化することができます。

vSAN 6.6(vSphere 6.5d)ではカスタムでの時間指定の保存が可能になりました。

仮想マシンやホストごとで同じ時間帯のグラフを見たい!という時にいちいち時間指定を繰り返す必要がなくなりとても便利です。

 

f:id:vmwarekkHCI:20170727162049p:plain

パフォーマンスサービスを有効化します。

 

f:id:vmwarekkHCI:20170727162127p:plain

パフォーマンスログはvSAN データストア内のオブジェクトとして作成され、その中にたまっていきます。 

そのためストレージポリシーを選択します。

 

f:id:vmwarekkHCI:20170727162141p:plain

 これで有効化は完了です。

 

どのような情報が取得できるのか見ていきます。

IOPSや遅延、スループットがグラフで確認できます。

f:id:vmwarekkHCI:20170727162210p:plain

 

監視対象とする範囲を大きく分けると3つのパフォーマンス情報が取得できます。

  1. クラスタ
    仮想マシン全体、vSAN 全体
  2. ホスト
    ホストのローカルディスク単位、ディスクグループ単位、ネットワーク物理アダプタ
  3. 仮想マシン
    個々の仮想マシン

クラスタの部分だけ見て、全体性能しか監視できないのかと言われることがありますが、個々の物理デバイスももちろん見られます! 

vSAN 6.6からはネットワークも監視できますので、vCenter でできることがどんどん増えていっています。

 

 

各グラフの詳細な項目については下記KBを参考にしてください。

vSAN Performance Graphs in the vSphere Web Client

https://kb.vmware.com/kb/2144493

 

日本語KBはvSAN 6.2版となります。

vSphere Web Client の vSAN パフォーマンス グラフ

https://kb.vmware.com/kb/2148730

日本語で読みたい

VMware Docsになってから、日本語消えてしまったなぁ、いつ復活するのかなぁとは思っていました。

最新バージョンのドキュメントが都度修正が行われつつリリースされるようになり、 日本語訳マニュアルがシステム変更や更新スピードに追いついていない狭間にいます。

 

本日質問を受けて初めて思ったのですが、確かに最初の一歩目には困るかも。

f:id:vmwarekkHCI:20170726143454p:plain

https://www.vmware.com/jp/support/support-resources/pubs/virtual-san-pubs.html

このキャプチャの一番下「リソース6.6 のアーカイブ」をクリックするとzip形式でダウンロードできます。

展開すると...

f:id:vmwarekkHCI:20170726145434p:plain

日本語のマニュアルです!

日本語でちょっと読みたいという場合にはアーカイブから参照ください。

*最新ではないです。

 

最新のマニュアルは下記から!

VMware Docs vSAN

他サイジングガイド、リファレンスガイド、デモンストレーション動画は下記から!

StorageHub vSAN

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑨ - 最適化 容量監視

例えば、googleのロゴが変わった翌日。

その日一日中、検索するたびに違和感があるけれど、いつのまにか古いロゴが思い出せなくなってしまう。

そんな気分になったvSAN の運用管理の最適化、「容量」と「性能」の二本立てをご紹介していきたいと思います。 

 

今回は容量監視!

結構探すのに時間がかかったのですが、過去の監視のvSAN タブと現在を比較してみましょう。

f:id:vmwarekkHCI:20170725154831p:plain

vSAN 6.1(vSphere 6.0u1)とvSAN 6.6(vSphere 6.5d)の2枚を重ねています。

あれ...?容量の項目、6.1にはない!

そうなのです。この容量全体を見られるようになったのは、6.2からです。 

大きく3つの項目があります。

  • 使用済み容量の概要
  • 使用済み容量の内訳
  • デデュープおよび圧縮の概要 

 

細かく見ていくと。

使用済み容量の概要

  • 使用済み-物理的に書き込み
    許容する障害数、オブジェクトスペースの予約など、仮想マシンのストレージポリシーでは容量に関わる様々な設定があります。
    物理的に消費された容量です。
  • 使用済み-予約超過仮想マシン
    仮想マシンにプロビジョニングされてまだ消費されていない容量です。
  • 使用済み-合計
  • vSAN システムのオーバーヘッド
  • 空き容量

クラスタ全体の総容量は横棒グラフの右端にあります。

メンテナンスモードや障害時には物理的にストレージリソースが存在しないことになるため、この容量は減ります。

 

使用済み容量の内訳

どのようなオブジェクトがどれくらいの割合で存在するのか、ブレイクダウンしたものです。

 

重複排除・圧縮を有効にしている場合、機能を有効化していなかった時の容量やどのくらい容量を削減できているのか下記のような表示がされます。

f:id:vmwarekkHCI:20170725163654p:plain

 

 

本記事の関連公式ドキュメントはこちら! 

vSAN Operations Guide

 Monitoring vSAN

Monitor Virtual SAN Capacity

 

運用管理シリーズはこちら! 

いつ、何を、どうやって、運用管理 ① - サマリ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ② - 導入

いつ、何を、どうやって、運用管理 ③ - 導入 Easy Installの手順

いつ、何を、どうやって、運用管理 ④ - 導入 Easy Installの構築後の確認

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑤ - 構成 Health Check

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑥ - 構成 Health Checkの番外編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑦ - 構成 Configuration Assist

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧ - 構成 アップデート

ハーフバースデイ

先週の金曜日に振り返りを書きましたが、はてなブログさんからもおめでとうメールが!

f:id:vmwarekkHCI:20170724172728p:plain

記念日ばかりお祝いしています。

100回とか、66回とか、半年とか。

 

 

HCIはおやすみしての本日のプライベートなヒトコマ。

ひとによるサービスなんだなぁと思ったこと。

 

宅配便の荷物受け取りの午前指定って結構長いですよね。

自分で頼んだものは必ずいる時間に配達してもらうようにしていますが、誰かから送られてくるものについては受け取れない時があります。

再配達してもらうとき、次こそは絶対受け取れる時間に!と夜に指定して早く帰ることにしているのですが。

「夜指定の連絡ありましたが人影があったのでお渡ししまーす!」と朝9時ごろおにいさんが来てくれたようです。

 

配達の方にとってのメリットは、夜再配達に行かなくて良い、たくさんある夜配達を減らせる。

受け取る側のメリットとしては、送ってくれた人に早くお礼が言える。

 

気を利かせてお届けしてくれたのはとても嬉しいことで、心温まるエピソードだなぁとホクホク。

ただ悪い方に考えると、誰か受け取り人ではないヒトが家にいたらどうしたんだろう...

これを機に、お互いの利便性のためにも宅配ボックスを設置しようと思った本日でした。