読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

vSAN 6.6 その3

リビルド...

 外部ストレージのリビルド、チカチカするディスクたち。

 SATAのリビルド、何時間待っても終わらない...

 そこで祈りながら震える、もう一本壊れないで 

(RAID5の場合で当時の気持ちを思い返してみました。)

 

vSAN 6.6 のひとつのアップデートにEnhanced resync ー Resync throttingがあります。

vSAN の場合、クラスタに参加しているホストのディスクやホスト本体の障害時、その中に入っていたコンポーネントの再同期が行われます。

6.5 までは自動的に開始され、再同期速度は選ぶことはできませんでした。

再同期するコンポーネントの数が多すぎて、

仮想マシンのパフォーマンスに影響が出ている

こんな場合に役に立つのがこの再同期の調整です。

設定画面だけ、まずご紹介します。

 

障害は発生していないので、再同期は行われていない状態です。

コンポーネントの再同期:コピーが行われるコンポーネントの数

再同期される残りのバイト数:コンポーネントのコピーする総容量

コンプライアンスに対するETA:ポリシーに準拠した保護レベルに戻るまでの予測時間

右上の再同期の調整をクリック

f:id:vmwarekkHCI:20170516181723p:plain

 

有効にするチェックボックスにチェックを入れる

スライドさせて帯域を設定

f:id:vmwarekkHCI:20170516181751p:plain

 

 

実際に障害時の復旧試験を実施したらここで紹介します!