読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

よくある質問 - 一覧にしてみました

どんな製品でもそうですが、これってどうなっているの?と思うことはたくさんあります。

自分で調べる、ひたすら調べる→見つからない

わかりそうな人に聞く→わからなかった

二つ目は特にわかりそうな人を探すというミッションもあります。

 

では、VMware のハイパーコンバージドインフラでよくある質問でなんでしょう?

vSphere はすでにかなり多くの方にお使いいただいていますので、質問はストレージ部分で、今とどう変わるのか、制限は?とよく聞かれます。

 

vSAN についてよく聞かれる質問回答集です!

Frequently asked questions about Virtual SAN / VSAN

 

英語なので中身は訳していきますね。+ 私がよく聞かれる質問も混ぜこんでいきます。

古いバージョンでの回答もあるので最新バージョン(6.5)版です。

  • vSANを始める物理ホスト構成は3台?2台?
    3台です。データ保護の観点からミラー(2重化)+メタデータを異なるホストに配置するため、3台から始められます。
    2ノードクラスタはvSANとしてデータを保管するのは2台ですが、メタデータを仮想アプライアンスに保管、この仮想アプライアンスクラスタ外に配置する必要があるため、物理的には3台のサーバが必要です。
  • ローカルディスク(内蔵ディスク)を搭載していないホストをvSAN クラスタに追加できる?
    できます!ストレージとしてキャッシュのためのSSD、データを保管するためのHDD/SSDがなくてもクラスタに参加することでvSANデータストアを使用できます。
  • vSAN はSSDが必須要件になっているけれど、なぜ?
    vSAN はキャッシュ用途として必ずホストに1本SSDが必要です。
    ハイブリッド構成の場合、70%読み取りキャッシュ、30%書き込みバッファに使用され、書き込みは全てこのキャッシュデバイスSSDに行われます。
  • vSAN データストアは1つしかできないのに、ディスクグループって何のために存在しているの?
    データを格納するためのデバイスをキャッシュとして使用するSSDマッピングするために使用されます。
    このHDDたちのためのキャッシュはこのSSD!と明示的にするためのグルーピングです。
  • vSANとして使用する前提で、1ホストあたり搭載できるディスク本数は?
    最大で40本です。
    内訳としてディスクグループあたり1本のキャッシュデバイスと7本のキャパシティデバイスが最大となり、5つまでディスクグループを作ることができます。
  • vSAN として使用しているディスクにパーティションを作ることはできる?(ESXi のブートデバイスとして使用するなど)
    vSAN 用のデバイスはvSAN のためのみに使用します。パーティションは作成できません。
  • PCIeフラッシュカードはサポートされますか?
    サポートされます!ハードウェア互換性ガイドで対象デバイスをご確認ください。

    VMware Compatibility Guide - vsan

  • vSAN環境は10GbE必須?
    ハイブリッド構成の場合、10GbEは必須ではなく推奨です。
    1GbEをvSAN 専用として構成することも可能です。
    オールフラッシュ構成の場合、10GbE必須です。
  • vSAN データストアをSAN/NASを使用して拡張できる?
    できません。vSAN は内蔵ディスクを使用して構成するため、外部ストレージの領域は別データストアとして併用できます。
  • vSAN データストアの最大容量は?
    明確な数値として制限はありません。
    vSphere HAクラスタのホスト数が最大64台であることとホストあたり物理的に搭載できるディスク本数に大きく依存します。

 

特にハードウェア関連の質問をまとめてみました。

vSAN の中身についての質問はまた更新していきます!