読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

StorageHubシリーズ - DMZ

StorageHub ユースケース

インターネットと社内ネットワーク、セキュリティの中心となるのがDMZ環境です。

この場合、ただ共有ストレージは独立していなくて良いのか?と議題にあげられることがあるかと思います。

f:id:vmwarekkHCI:20170214174611p:plain

ユースケースSecurity Zone Deployment

https://storagehub.vmware.com/#!/vmware-vsan/vmware-virtual-san-security-zone-deployment

vSphere にストレージ機能vSAN が組み込まれているVMwareのハイパーコンバージドインフラを使うことで、独立したシステムとして隔離できます。

なぜ、DMZ向きかというと先にあげたような、システムとして独立している要件にピッタリだからです。

仮想マシンのリソース、ストレージのリソース、全てサーバだけで完結、クラスタに対してリソースを提供するので他環境からアクセスすることができmせん。

vSphere の機能であるHAやvMotion、他VMware 製品との互換性も当然ですがあります。

また、最小2ホストから始められます!

物理的にはデータを格納するためのホストが2台でクラスタを構成し、仲介役となる仮想アプライアンスは他のvSphere 環境に配置することで、少ないホスト数でのHCI導入も可能です。

ストレージデータの通信経路はネットワークスイッチを介するパターンと2ノード直結パターンも選択できます。

 

このようにホスト台数はそこまで必要ではないけれど、独立させなければいけない環境にVMware のハイパーコンバージドインフラをお使いいただいているというユースケースでした〜!

詳細はリンク先をご確認ください!