読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

ハイパーコンバージドインフラって?

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

 2U4サーバの省スペースなハードウェア

 3クリック、15分、短時間でセットアップが完了する

 共有物理ストレージは不要で仮想化環境を構築

最近の記事や投稿を見るとこのような特長が挙げられていることが多いです。

 

一方でIDCによる定義を見て見ると。

ハイパーコンバージドシステム:サーバーベースのハードウェアを高度に仮想化して、単一のサーバーベースハードウェアによって、コンピュートおよびストレージ機能を提供する製品

サーバの形にはこだわらず、x86サーバベース、サーバのみで仮想マシンのリソース(コンピュートとストレージ)を提供する、とあります。 

 

"今"のハイパーコンバージドインフラが背景からとてもわかりやすく記事にまとまっています。

「ハードウェアとしてはサーバ(コンピュータ)のみで構成するITインフラシステム。データ管理(ストレージ)機能は、外付けのハードウェア(装置)でなく、サーバで動かすソフトウェアとして実装されている」

www.atmarkit.co.jp

 

私の考えるHCIを一言で表すと

 HCI は サーバの仮想化 + ストレージの仮想化 + 物理サーバ

構成要素として根幹を支えるものです。

VMwareの場合は、HCIのサーバ仮想化はvSphere + ストレージ仮想化はvSAN + 各HWベンダーさんのサーバから構成されます。

 

ハイパーコンバージドとは、と調べると様々な定義が出てきますが、基本要素はこの3つ!と覚えてください!

 

改めてこの長いカタカナワードの意味を調べると色々な意味が見つかりますね〜