読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

VMware Conference 2017 Spring - HCIプログラムサマリ③

先週に引き続き、4/19 イベントのプログラム内容紹介です。

資料のDLもできるようになっていますので、登録済みの方はイベントサイトのマイページから!

vm-conf.jp

 

 

 

15:00-15:30

  • 富士通と実現する「かんたん」なHCIソリューションのご紹介
富士通株式会社
 
富士通さんのVMware HCIソリューションを紹介するプログラムでした。
以前もご紹介した通り、VMware HCI としてアプライアンスがあります。

vmwarekkhci.hatenablog.jp

 

富士通さんならではの差別化というとやはり、ISM(ServerView Infrastructure Manager)。

運用、保守、増設までハードウェアのライフサイクル管理、ハイパーバイザまで管理することができる、統合管理ツールです。

 
富士通さんというとETERNUSが仮想化環境と合わせて使っていることも多いかと思いますが。
印象に残ったのはもちろんこの3つ。
覚えて帰っていただきたい三つのこと
  • 富士通にもHCIがあります
  • 名前は「PRIMEFLEX HS」といいます
  • かんたんに導入し、運用いただけます

 

アメリカ本社の会社(VMware もそうですが、外資系ベンダー)は日本法人があり、そこで営業活動や保守を行なっていることが多いです。
国産ベンダーさんは日本企業の海外進出を完全サポートするという考え方もできます。
このPRIMEFLEX HSはヨーロッパを中心に大手旅行会社様、大手電話会社様、大手自動車会社様、多数の導入実績があるそうです。
 
 
ハードウェアの選択をするとき、何が決め手になるでしょうか?
VMware のHCI を選ぶときに、富士通さんのPRIMEFLEX HSもぜひご検討ください。