"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

サイジング

New!!! for All-flash!!! ③

その他番外編ということで。 Simpleを選択しても、3種類のワークロードがあり、昨日はGeneral purposeを選びました。 明確な用途が決定している場合には、他を選択してサイジングを行ってください。 VDI Horizonでの仮想デスクトップの作成方法、フルクロー…

New!!! for All-flash!!! ②

さて、昨日リリースされました、オールフラッシュサイジングツールの使い方を見て行きましょう。 まずサイトにアクセスします。 https://vsansizer.vmware.com 上キャプチャのSing Inからログインします。 My Learn もしくは Partner Centralのアカウントで…

New!!! for All-flash!!! ①

本日リリースされました! 新しいサイジングツールです! https://vsansizer.vmware.com オールフラッシュ環境において ハードウェア構成 ディスク構成 どのReadyNodeプロファイルが最適か などなど、簡単に計算できるサイトです。 使い方は明日お届けします…

サイジング - HCIの容量サイジングとは②

前回はアプライアンス型を例にとって、物理デバイスの総容量 = データストアの容量 とお伝えしました。 では、実効容量とこの物理的な容量の関係はどうなっているのか、VMware のハイパーコンバージドインフラの容量サイジングをどのように行うのでしょうか…

サイジング - HCIの容量サイジングとは①

VMware のハイパーコンバージドインフラと大きな枠で考えると、まず3種類あります。 ハイパーコンバージドインフラ アプライアンス 各ハードウェアベンダーさん 組み上げ済み構成 フルカスタマイズ構成(Build-It-Yourself) どちらかというとハイパーコンバー…