"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

vSAN 6.6 !!!

vSphere 6.5 が2016年11月にリリースされました。

vCenter サーバの保護やさくさく動くHTML5のUIなど機能追加がたくさんあった中、vSphere のアップデートが目立った分、vSAN はiSCSIサービスや2ノードダイレクトコネクトの追加とそこまで大きなものがないようにも見えていました。

f:id:vmwarekkHCI:20170412104840p:plain

 

ついに!6.6 がリリースされます!

GA(一般発売日)はQ1中となり、ESXi のパッチでの提供となります。

 

主なアップデート情報は下記となります。

vSAN Encryption – Datastore level encryption in a dedupe/compression efficient way

データストアの暗号化、重複排除/圧縮との併用も可能

Local Protection for Stretched Clusters

ストレッチクラスタのローカル保護(サイト内のデータ保護)

Removal of Multicast

ユニキャストによるシンプルなネットワーク接続(マルチキャストはもういらない!)

ESXi Host Client (HTML-5) management and monitoring functionality

まずはHost Client へのvSAN 管理監視機能の拡張

Enhanced rebalancing
Enhanced repairs
Enhanced resync ー Resync throtting

リバランス、再構築・復旧、再同期のエンハンスメント

Maintenance Pre-Check

メンテナンスモードの事前チェック機能

Stretched Cluster Witness Replacement UI

ストレッチクラスタのウィットネスアプライアンス/ホストの置き換えがUIから可能に!
vSAN included in “Phone Home / Customer Experience Improvement Program”
vSAN も通報システム、CEIPで

API enhancements

vSAN SDK と PowerCLI の追加

vSAN Easy Install

vCenter インストールを簡単に(VCSA on vSAN)

vSAN Config Assist / Firmware Update

ハードウェアライフサイクル管理

Enhanced Performance and Health Monitoring

パフォーマンスと健全性監視がより詳細に!

 

ざっと主なアップデート内容でした。

 

プレスリリースとしては下記が出ていますので、詳細はこちらでまずご確認ください!

www.marketwired.com

 

と、先走ってしまった感がありますが、日本語のプレスリリースが出ました!

ヴイエムウェア、最新版のVMware vSAN™を発表データ センタの革新に取り組む顧客企業を支援

シリコンバレー記 その2

どんな製品も同じだと思うのですが、大きく分けると製品を作る人、売る人、保守する人の3種類あります。

私は売る人の役割を持っています。

(売る人の中にはさらにサービスという形で製品+αを提供する人もいるのですが、ややこしくなるので横に置いておきます。)

今回の本社へ行ったのは作る人からテクニカル Deep Dive、実際のデプロイメントサービスやワークショップのトレーニングに参加するという目的でした。

アメリカ、ヨーロッパ、APJの売る人テクニカルのメンバーが集まり、直接製品担当からお話が聞けるというものでした。

内容はまたこのブログで共有できるものもあるので、書こうと思っています!

 

さて、話は変わりまして。

VMware の本社の思い出です。

まず迎えてくれたのは大きな風船。

f:id:vmwarekkHCI:20170411194136j:plain

 

中庭でミーティングやランチをする人がたくさんいました。

f:id:vmwarekkHCI:20170411194116j:plain

 

コーポレートカラーの手形は社長他いろいろな人のもののようです。

f:id:vmwarekkHCI:20170411194126j:plain

 

ケータリングのトマトソースおいしかったなー 

おやつのバナナチップスも食べ過ぎました。

f:id:vmwarekkHCI:20170411194135j:plain

 

トレーニングの部屋の周りしか写真を撮っていなかったのですが、かなり広い敷地に建設中の建屋もいくつかあり、こんなに広いのにまだ足りないのか!と驚いています。

キャンパスというと大学を思い浮かべますが、その通り大学のような本社でした。

土地があるってすごいなと思いますが、広いアメリカ/キャンパスだからこそ直接会話する大切さをより感じるかもしれません。

シリコンバレー記 その1

(ほぼ)1週間のアメリカから帰国しましたー!

ブログ更新は不思議な時間になってしまいましたが、現地からもお届けしていました。

 

先週のレポートを数回に分けてお届けします。

サンフランシスコには以前VMWorldで行ったのですが、シリコンバレーまでは足を伸ばしませんでした。

そうそう本社に行く機会もないと思ったので、近隣をぐるっと回ってきました。

 

まずはパロアルトといえば!

スタンフォード大学です。

f:id:vmwarekkHCI:20170410111118j:plain

 

キャンパス広すぎ...!

f:id:vmwarekkHCI:20170410111130j:plain

 

お天気も良く青空なので真夏のようでしたが、長袖で少し肌寒いくらいでした。

さすがアメリカ人は半袖、ノースリーブ率が高い...!

f:id:vmwarekkHCI:20170410111143j:plain

 

可愛らしいベンチがあったのはd-Schoolの中です。

トイレもショッキングピンクでミラーボールというド派手なところでした。

f:id:vmwarekkHCI:20170410111151j:plain

 

私と同じように写真を撮っている観光客もたくさん見かけました。

f:id:vmwarekkHCI:20170410111200j:plain

 

大人数の講堂とゼミ室のような建物と色々わかれていました。

f:id:vmwarekkHCI:20170410111208j:plain

 

アメリカの大学でのぞいたことがあるのはボストンのハーバード大学パロアルトスタンフォード大学となるのですが、どちらもやはりスケールが違いました。

ビルのような建物がなく空が開放的だったのは都市と郊外の差なのかなと思いました。

 

続きはまたその2でー!

ハイパーコンバージドインフラ、どれにする?

Dell EMC さんの記事のご紹介です。 

techtarget.itmedia.co.jp

 

ハイパーコンバージドインフラ市場をリードしているのは数年前から先行しているHCI専業のNutanixさんです。

ハイパーコンバージドを検討されるお客様のほとんどはHCI=Nutanixという式が出来上がっていることがほとんどです。

比較すると、VMware のハイパーコンバージドインフラはSoftware-Defined StorageとしてvSANがリリースされ多くのお客様にお使いいただいていますが、HCIとしての知名度はまだまだなんですよね。

VMware ソフトウェアスタックはハイパーバイザ、管理ツール、ストレージ、もちろんハイパーバイザはvSphere です。

アプライアンス、組み上げ(Ready Node)のどちらも良さがあるので、お客様にあったHCIを使っていただくための参考の一つになるのではと思い、ぜひ記事を一読ください!

物理も仮想環境も、サーバもストレージもネットワークも

近づいてきたのでセミナーのリマインドです!

情シス部門の方は社内では業務部門からこれが欲しいあれが欲しい、上からは予算はこれだけで。

と頭を抱えてしまうことが多そうですよね。。

 

itmedia.smartseminar.jp

 

ハイパーコンバージドインフラをわかりやすく、ユースケースとともにお伝えします。

タイムテーブルが確定しました!

17:00~17:30

 忙しいひとり情シスのためのハイパーコンバージドインフラ

17:30~17:50

 導入も運用もシンプルに!VMware のハイパーコンバージドインフラ

17:50〜18:00

 Q&A

 

スペシャルゲストもあるかも? 

ぜひご登録をー!

FB はじめました

Facebook アカウント作りました、と宣言してどこにという案内をしておりませんでした。。

 

https://www.facebook.com/vmwarekkHCI/

 

内容はTwitterと同じでこのブログの更新情報がメインですが、ぜひこちらもいいね!をお願いします!

(Twitterだとアカウントを持っていない方も多いようなので...

ハイパーコンバージドインフラに興味を持っている方へもご紹介をお願いします。

よくある質問 - 一覧にしてみました②

このブログを始めてから2ヶ月経ちました。

毎日少しづつ、読んでいただいている人が増えており、少しでもVMware のハイパーコンバージドインフラが広まっている(だろう)傾向に喜んでいます!

毎日更新頑張ります!

 

よくある質問の中からまだ記載していないと思われる一部を。

今までのものも含め、一覧になっている方がわかりやすそうですね。これはまた後日!

blogs.vmware.com

 

  • vSAN は外部ストレージアレイをどうやって使うの?
    外部ストレージアレイを使用しません。サーバベースのストレージとなり、ローカルディスクを共有ストレージ化します。
    外部ストレージアレイから切り出した共有データストアと併用することは可能です。
    外部ストレージの共有データストアをvSAN データストアにくっつけることはできない、別で使うことはできる、ということですね。

  • vSAN がサポートするストレージプロトコルは何?(例:iSCSINFS等...)
    仮想マシンとvSAN が通信をしているだけなので、一般的な共有プロトコルは使用していません。
    そのためクラスタの外にストレージ領域を提供したい場合はサードパーティ(NASヘッド)を立てる必要があります。

  • vSAN の高性能のキーポイントは?
    1つ目、完全にvSphere のカーネルに組み込まれていることで、最適なIO経路を選択可能、リソースオーバーヘッドがあまりありません。
    2つ目、ストレージのネットワーク(iSCSIであればネットワーク、FCであればSAN)がないためストレージアレイコントローラとサーバという関係がありません。サーバだけで完結しています。

  • 1つの仮想マシン、1つのVMDKで性能テストしてみましたが高性能のかけらも感じられません。なぜ?
    vSAN は共有ストレージをクラスタで提供するストレージとしてデザインされています。
    仮想マシン1つに対して1つのLUN/データストアで性能UP!というものではありません。
    通常ストレージのLUNはデバイスを複数束ねてストライプさせることで性能を向上させています。vSAN の場合、基本的には1つのVMDKは1つのデバイスに格納されていますので単一VMでは効率性が低くなってしまいます。

  • どのバックアップ製品が対応しているの?
    VADPが対応しているサードパーティのバックアップソフトウェアであればなんでもOKです。

  • どのリモートレプリケーション製品が対応しているの?
    vSAN としてアレイベース(ストレージベース)のレプリケーション機能は持っていません。
    仮想マシンベースでのレプリケーションとなるため、vSphere Replicationや他ベンダーの仮想マシンレプリケーション機能をお使いください。

 

今日はここまで!