"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

目次 - 迷ったらまず!

投稿数が増えてきたので目次としてまとめます。

随時UPDATE!!!

 

イベント /セミナー  

f:id:vmwarekkHCI:20180518150144p:plain

VMware HCI キャラバン

2018年6月~9月 全国主要都市で開催決定!

 

 

 

2018年7月18日 (水) @赤坂インターシティコンファレンス 4F

vm-event.jp

 

 

 

よくある質問

よくある質問 - 一覧にしてみました(2017/2/23)

よくある質問 - 要件編 (2017/3/7)

よくある質問 - 一覧にしてみました②(2017/4/4)

よくある質問 - 一覧にしてみました③ (2017/10/19)

 

マニュアル/ユーザーガイド 

StorageHub VMware vSAN

VMware vSAN Doc (日本語)

 

ハンズオンラボ

HOL-1808-01-HCI - vSAN v6.6 - Getting Started

HOL-1808-02-CHG - vSAN v6.6 - Challenge Lab

 

運用管理シリーズ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ① - サマリ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ② - 導入

いつ、何を、どうやって、運用管理 ③ - 導入 Easy Installの手順

いつ、何を、どうやって、運用管理 ④ - 導入 Easy Installの構築後の確認

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑤ - 構成 Health Check

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑥ - 構成 Health Checkの番外編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑦ - 構成 Configuration Assist

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧ - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-2 - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-3 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-4 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-5 - 構成 アップデート 6.6.1編

 

HCI環境で vCenter + の運用管理を!

 

 

vSAN 6.6

vSAN 6.6 その1

vSAN 6.6 その2

vSAN 6.6 その3

vSAN 6.6 その4

vSAN 6.6 その5

vSAN 6.6 その6

vSAN 6.6 その7

 

vSAN 6.7 

vSAN 6.7 / vSphere 6.7 リリース!

vSAN 6.7 アップグレード そのいち

vSAN 6.7 アップグレード そのに

  

公式情報

公式情報は? ここ!その1 製品編

公式情報は? ここ!その2 ハードウェア編

ダンカンとコーマック

公式情報は? ここ!その3 仮想化・クラウド情報サイト 

 

HCI Powered by vSAN

VMware HCI - Dell EMCさん編

VMware HCI - 富士通さん編

VMware HCI - 富士通さん編:続 

VMware HCI - 日立システムズさん編

VMware HCI - 大塚商会さん編

 

StorageHub 

StorageHubシリーズ -どこに何があるの?

StorageHubシリーズ - DMZ

StorageHubシリーズ - VDI

StorageHubシリーズ - 管理クラスタ

 

サイジング

サイジング - HCIの容量サイジングとは①

サイジング - HCIの容量サイジングとは② 

サイジング - vSAN で使用するメモリ  

サイジング - オールフラッシュモデルのキャッシュ層サイジング

 

ポリシーベース管理

主役は仮想マシン!- ポリシーベース管理①

仮想マシンのデプロイとともに、ストレージをプロビジョニング! - ポリシーベース管理②

どうやって可用性を担保するのか - ポリシーベース管理③

オブジェクトとは - ポリシーベース管理④

コンポーネントの配置 - ポリシーベース管理⑤

強制プロビジョニング - ポリシーベース管理⑥

許容される障害数が2つに - ポリシーベース管理⑦

ソフトウェアチェックサム - ポリシーベース管理⑧

ストライプ - ポリシーベース管理⑨ 

フラッシュ読み取りキャッシュの予約 - ポリシーベース管理⑩

 

2ノードクラスタ

2ノードクラスタ その1

2ノードクラスタ その2

2ノードクラスタ その3

 

障害関連

モノは壊れるシリーズ①- HCIの障害って?

モノは壊れるシリーズ②- HWコンポーネントごとの影響範囲/a>

モノは壊れるシリーズ③- ハイブリッドとオールフラッシュ

モノは壊れるシリーズ④- vSAN 6.6.1までの再同期エンハンスメント

モノは壊れるシリーズ⑤- vSAN 6.6.1までの再同期エンハンスメント続

 

iSCSI シリーズ

vSAN のiSCSI とは①

vSAN のiSCSI とは② すぐ試せる

 

ストレッチクラスタ

vSAN ストレッチクラスタ①:ストレッチクラスタとは?

vSAN ストレッチクラスタ②:ストレッチクラスタの要件 そのいち

vSAN ストレッチクラスタ③:ストレッチクラスタの要件 そのに

vSAN ストレッチクラスタ④:ストレッチクラスタ構成方法

vSAN ストレッチクラスタ⑤:ストレッチクラスタの仮想マシンのストレージポリシー

 

 

VMware HCI キャラバン 2018

f:id:vmwarekkHCI:20180518150144p:plain

 

昨年も行われた日本縦断、主要都市巡業 with パートナーさんのイベント、

VMware HCI キャラバンがはじまります!

VMware HCI キャラバン 2018

 

すでに申し込みが始まっているパートナーさんもいますので、お近くの会場を探して見てください!

順次更新されていきますので開催日程についてはどんどん増えていきます。
 

昨年もご好評いただいたキャラバンですが、今年はハイパーコンバージドインフラがより身近になったからこそ、より多くの方にもっと知っていただきたいです。

VMware が単体で実施するのと何が違うというと、 パートナーさん特有の取り扱い製品だったり、競合比較だったりと、強みを生かしたご提案につながるようなセミナー担っていると思います。

 

ぜひご登録を〜!!!

vSAN 6.7 アップグレード そのに

CEIPへの参加

Support Insight の活用

 

アップデート通知、自動ダウンロード、自動ログ収集をするためにはvCenterがインターネットに接続されていることが必要となります。

いつもiPhoneWindows Updateの話をするのですが、脆弱性がありますよ、アップデートしますか?と聞かれるのに感覚的には近いです。

ただ実際にアップグレードを行う際には仮想マシンの退避(vMotion)やホストの再起動がかかるため、今までアップデートにハマってきた過去からは勝手にアップデートしといて!とはならないのはよくわかります。

なので、推奨の通知、パッチ/ファイルのダウンロード、まずはここまでお使いいただけたらなぁと。

 

 

では、vSphere 6.5U1からvSphere 6.7へUpdate Manager を用いたアップグレードを見ていきます。

 

  • 事前確認
  • Update Manager を使用したESXi のアップグレード

 

f:id:vmwarekkHCI:20180517182939p:plain

まず、事前確認から。

健全性のエラーが出ていないことを確認!

先にHWのアップデートをしていたら、ハードウェア互換性のところに警告はあるかもしれませんが、そのほかの部分を確認します。

vSAN ビルドに関する推奨事項はアップグレード可能な新しいバージョンが出てきても、グリーンでパスと表示されるので、詳細を確認。

 

f:id:vmwarekkHCI:20180517182842p:plain

ディスクフォーマットのバージョンは6.6.1であれば5。

ESXiをアップグレードしてから、ディスクフォーマットのアップグレードを後で行います。

 

f:id:vmwarekkHCI:20180517183138p:plain

ベースラインが作成されていることを確認します。

vCenter がインターネットに接続された状態なので、自動的に作成されています。

もしオフラインの場合は手動で作成、クラスタに紐付けを行います。

 

 

 

次に、アップグレード行います!

BEFORE

f:id:vmwarekkHCI:20180517183333p:plain

 

ESXi 6.5.0から 6.7.0へ。

 

AFTER

f:id:vmwarekkHCI:20180517183613p:plain

 

実はですね、金曜の帰る直前に仕掛けて、進捗を見守らずご飯を食べに行ってしまいました。

土日も環境に接続せずにオフを満喫、月曜出社してから確認しました。

 

f:id:vmwarekkHCI:20180517183926p:plain

オンディスクフォーマットは健全性の項目からアップグレードします。

今回の5→6へのアップグレードは再起動不要でした。

 

 

アップグレード完了です!

 

ハードウェアのアップデートはお使いのベンダーさんの機器によって異なりますので、正しい手順で行ってください。

 

これでデモ環境が最新となりました!

HTML5になりどこに何があるかサクサク動くので感覚的に使えますが、たいていvSAN 関連はスクロールして一番下の方にあります。

2分くらい探したのは仮想マシンのストレージポリシー、コンポーネントの物理ディスク配置です。

 

このあたりの操作感はまた次回にご紹介します。

vSAN 6.7 アップグレード そのいち

メジャーアップデートの時には必ず、vCenter のアップグレード。

パッチ適用時にも最新のvCenter がリリースされていればアップグレードした方がお得なことが多いと思います。

 

さて、今回は先日4月中旬にリリースされた、vSphere 6.7 へのアップグレードを行っていきます。

 

毎回おなじみ、大きく分けて 4つ。

  • ハードウェアコンポーネント(ドライバ/ファームウェア)のアップデート(ESXi /vSAN 絡み)
  • vCenter のアップグレード
  • ESXi のアップグレード
  • オンディスクフォーマットのアップグレード(vSAN ならでは)


 

 

 

うちの子のHWはDell R630です。

コントローラはH730p miniなのですが、ファームを早々にアップデートしてくださいという案内が出ていたため、まずはここからです。

Dell PERC H730/H730P/H830/FD33xS/FD33xD Mini/Adapter RAID Controllers firmware version 25.5.4.0006 | Dell 日本

以前、vCenterがインターネット接続されている場合、Config Assistのところから各ベンダーのストレージユーティリティやファームウェア、ドライバーが自動ダウンロード、ローリングアップデートができましたが、現時点ではこの機種は対応していないようでした。

手動でファームウェアはiDRACからアップデート、ドライバはVIBのインストールを行いました。

ハードウェアの部分もベンダーさんと協業してより自動化されるようになっていくということなので、もう少ししたら対応してくれるのかなーと期待しています。

他ベンダーさんの機器は今回触っていないので確認はできておらずです。

 

ハードウェアが完了したら、ソフトウェアです。

f:id:vmwarekkHCI:20180515115229j:plain

vCenter をまずアップグレードします。

その次にUpdate Manager を使ってESXi を上げていきます。

vCenter はもう良いですかね。

インストーラがちょっと変わっていました。

名前解決をお忘れなく。

あとはテンポラリで2台VCSAが存在することになるので、仮IPアドレスの準備も事前にしておくと慌てません。

 

では次回はUpdate Manager の部分を書いていきます!

 

 

明日は赤坂ですよー!

満席セッションが多くても、当日のキャンセル待ちや展示ブースもあるのでぜひお越しください。

VMware Evolve カンファレンス 2018

 

まだ間に合う、セッションのご案内 VMware Evolve カンファレンス 2018

セッションまとめを投稿してから随分と経ってしまいましたが、未定となっていた枠やまだ空席有りのセッションをご紹介します。

 

VMware Evolve カンファレンス 2018

f:id:vmwarekkHCI:20180326152749p:plain

vm-event.jp

 

2018年5月16日(水)@ANAインターコンチネンタルホテル東京 

 

 

BS-023

【お客様事例講演】HCIパネルディスカッション:実際どうなの??導入ユーザーが明かすvSAN HCIの導入効果 - VMware Evolve カンファレンス 2018

本イベントのHCIセッションの目玉と言っても過言ではないと思います。

よく事例セッションあるあるですが、本番これからですという話か、もしくはあれ?この事例去年と同じ...?という話もありました。

VMware HCI を導入いただき、すでに稼働開始済み、そんなお客様たちのパネルディスカッションです...!

 

BS-062

よくよく見ると意外に違う!他社と HCI Powered by VMware vSAN の比較 - VMware Evolve カンファレンス 2018

商品を並べて比較してというパートナーさんではないので、あまりVMware として競合比較 を表立ってしていませんでした。

世の中にまだまだ散らばっているvSAN の古い間違った情報を回収するのと、正しい他社との比較をお話させていただきます。

 

 

 ベンダーさん

戸田市事例講演 お客様メリットを最大化する富士通のHCI - VMware Evolve カンファレンス 2018

以前このブログでも記事をご紹介した、富士通さんのお客様事例です!

お客様の生の声、国産ならではというところにご注目ください。

 

パートナーさん

ネットワールドが伝えるvSAN環境バックアップのメソッド! - VMware Evolve カンファレンス 2018

バックアップ製品をひとつ取り上げて、というよりはvSAN が使われている環境にぴったりあった手法をお話いただきます!

 

 

セッション一覧を見ているともうだいぶ空席が少なくなってきています。

ただ、当日空きがあればお聞きいただけますので、ぜひ会場に遊びにきてください!

会場周辺のおすすめランチ情報も募集中です。

vSAN 6.6.1 (ESXi 6.5)のアップデート!

連休中にvSAN 6.6.1 アップデートがリリースされていました!

バグフィックスだけでなく、vSAN 6.7の内容も一部入っています。

 

VMware ESXi 6.5 Update 2 Release Notes

 

性能やコンポーネントの配置に関する部分の改善がESXi 6.5 U2でも追加されています!

  • デステージ 性能改善 : キャッシュデバイスからキャパシティデバイスへのデステージの仮想マシンのパフォーマンスの安定性を最適化
  • 容量不足に陥った際の弾力性の改善 : 物理ディスク使用率が高い場合のクラスタ操作に関するvSAN の管理プロセスの強化
  • リビルドの最適化 : ポリシーに準拠しないフォルトドメイン数(ホスト数)のクラスタにおいてレプリカの配置や統合を最適化

既存6.5 バージョンをお使いいただいている方はぜひアップグレードをお願いします。

 

 

続きを読む

ご登録はおすみですか?? VMware Evolve カンファレンス 2018

連休前に、お忘れなく!

 

f:id:vmwarekkHCI:20180326152749p:plain

 

vm-event.jp

 

2018年5月16日(水)@ANAインターコンチネンタルホテル東京 

 

ジェネラルセッションの詳細や後日掲載となっていたセッションが追加されています。

満席になっているところも出てきていますが、まだご登録がお済みでない方はお早めに!

 

 

私のおやすみ始まりました。

2017年同時期何していたんだろうと振り返ると、引きこもっていたようです。

懐かしゲームの塊魂でひたすらプレゼントとメイツをコンプリートしようと頑張っていたようです。

今年はもうちょっとひとに会ったりする予定!

 

ではみなさま良い休暇をーーー!