"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

目次 - 迷ったらまず!

投稿数が増えてきたので目次としてまとめます。

随時UPDATE!!!

 

イベント /セミナー

vFORUM 2017 - デジタルトランスフォーメーションの実現に向けた国内最大級のITカンファレンス

10/31(水)−11/1(木)@東京 ザ・プリンスパークタワー東京

11/21(火)@大阪 グランフロント大阪

 

デモで分かる VMware HCIテクニカルセミナー | VMwareのイベント

 

10/10(火)@東京

10/11(水)@名古屋

10/12(木)@大阪

 

よくある質問

よくある質問 - 一覧にしてみました(2017/2/23)

よくある質問 - 要件編 (2017/3/7)

よくある質問 - 一覧にしてみました②(2017/4/4)

 

マニュアル/ユーザーガイド 

StorageHub VMware vSAN

VMware vSAN Doc (日本語)

 

ハンズオンラボ

最新バージョン準備中

 

運用管理シリーズ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ① - サマリ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ② - 導入

いつ、何を、どうやって、運用管理 ③ - 導入 Easy Installの手順

いつ、何を、どうやって、運用管理 ④ - 導入 Easy Installの構築後の確認

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑤ - 構成 Health Check

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑥ - 構成 Health Checkの番外編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑦ - 構成 Configuration Assist

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧ - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-2 - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-3 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-4 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-5 - 構成 アップデート 6.6.1編

 

vSAN 6.6

vSAN 6.6 その1

vSAN 6.6 その2

vSAN 6.6 その3

vSAN 6.6 その4

vSAN 6.6 その5

vSAN 6.6 その6

vSAN 6.6 その7

 

  

公式情報

公式情報は? ここ!その1 製品編

公式情報は? ここ!その2 ハードウェア編

ダンカンとコーマック

公式情報は? ここ!その3 仮想化・クラウド情報サイト 

 

HCI Powered by vSAN

VMware HCI - Dell EMCさん編

VMware HCI - 富士通さん編

VMware HCI - 富士通さん編:続 

VMware HCI - 日立システムズさん編

VMware HCI - 大塚商会さん編

 

StorageHub 

StorageHubシリーズ -どこに何があるの?

StorageHubシリーズ - DMZ

StorageHubシリーズ - VDI

StorageHubシリーズ - 管理クラスタ

 

サイジング

サイジング - HCIの容量サイジングとは①

サイジング - HCIの容量サイジングとは② 

サイジング - vSAN で使用するメモリ  

サイジング - オールフラッシュモデルのキャッシュ層サイジング

 

ポリシーベース管理

主役は仮想マシン!- ポリシーベース管理①

仮想マシンのデプロイとともに、ストレージをプロビジョニング! - ポリシーベース管理②

どうやって可用性を担保するのか - ポリシーベース管理③

オブジェクトとは - ポリシーベース管理④

コンポーネントの配置 - ポリシーベース管理⑤

強制プロビジョニング - ポリシーベース管理⑥

許容される障害数が2つに - ポリシーベース管理⑦

 

 

よくわからないけど、嬉しいこと?

VMware が Fortune社のFuture 50においてリーダーのカテゴリで6位になったそうです。

fortune.com

 

そもそもFortune社が出しているランキングでというと、アメリカでのベスト500企業とか、グローバル版500社とか。

このFuture 50は新しいものなんでしょうか...?

将来性ということからかIT企業ばかりが並んでいるようにも思えます。

何をもって審査されているのかというと。

To identify the Future 50, BCG examined 2,300 publicly traded U.S. companies and reviewed 15 years of financial results through year-end 2016. We divided the companies into two different groups—those above $20 billion in market value at the time of the screening and those below.

Our methodology has two pillars: Market potential and company capacity.

 

過去15年の業績と市場をこれから盛り上げていくだろうポテンシャルと会社規模ってことですかね。

YanbingがThe most powerful female engineers of 2017に選ばれているのもありますし、会社としてもどんどん成長していきたいです!

 

こんなランキングがあったんだ、というブログで、花金とさせていただきます。

よくある質問 - 一覧にしてみました③

今月は軽い感じで更新することにしました。

 

 

よくある質問!

最新のReadyNodeの一覧がほしい!

PDFはこちら。

https://www.vmware.com/resources/compatibility/pdf/vi_vsan_profile.pdf

ReadyNode Configuratorはこちら。

http://vsanreadynode.vmware.com/RN/RN

 

 

ストレッチクラスタは何台から構成できるの?

ストレッチクラスタの説明をまだ書いたことがなかったのですが、先に台数の話を。

f:id:vmwarekkHCI:20171019180735p:plain

 

 

 

vSAN 環境はどのようなファイルサービスに対応していますか?

ここで他社製品や多機能の外部ストレージと異なる点になりますが、vSAN にはファイルサービスの機能はありません。(2017年10月現在)

クラスタに参加しているホストのためのストレージリソースプールを提供します。

クラスタで稼働する仮想マシンを格納するためのデータストアです。

もしNFSやCIFSといったファイルサービスを使いたいという場合は、

  • ファイルサーバを仮想マシンとしてたてる(仮想マシンをvSAN データストアに格納する)
  • ファイルサーバを別途用意する

となります。

ちょっと焦ったWeb Client問題。

あと12日とvForumのカウントダウンを見るたびに、あれもやらなきゃこれもやらなきゃとだんだんと焦りが出て来ました。

リピートセッションとして2日目にも登壇が決まりましたのでこちらもぜひよろしくお願いします。

Day 2: 11/1(水) 17:10〜17:55

HCI Powered by VMware vSAN、やっぱり気になる運用管理 | vFORUM 2017 TOKYO

 

 

さて環境のキャプチャをとったり、デモの準備をしようと思ったら、ChromeFlashがクラッシュしてWeb Clientが全然動かない!

f:id:vmwarekkHCI:20171018195026p:plain

ではFirefoxで試してみましたが、また同じ現象!

結局、IEで作業をしていましたが、やっぱりChromeがいいなぁとうろうろしていたら。

vSAN のブログとしても有名なvirtuallyGhettoさんで解決策が記載されていました!

回避策としてのKBもすでにリリースされています。

 

Shockwave Flash crashes with vSphere Web Client 6.x (2151945) | VMware KB

 

 

www.virtuallyghetto.com


これで明後日のデモもvForumの準備もできるようになりました。

ひと安心。

 

ReadyNode、変えていいもの、ダメなもの。

日々VMware 製品を拡販いただいているパートナー様からよくある質問です。

ReadyNode、どこまで、何を変えていいの?

f:id:vmwarekkHCI:20171016201755p:plain

VMware のハイパーコンバージドインフラは豊富なハードウェアの種類と組み合わせて構成することが可能です。

vSAN の場合、ReadyNodeというオールフラッシュ、ハイブリッドのハードウェア構成ごとのプロファイルがあります。

vSAN Hardware Quick Reference Guide

 

このプロファイルをベースに各ハードウェアベンダーさんがvSAN ReadyNodeという形で組み上げテスト済み構成を準備いただいています。

ここから何を変更可能か、QA形式でまとめていますので、再掲です。

 

柔軟性の高いハードウェア構成を選ぶことが可能なReadyNode。

まずはこのReadyNode を選択いただくことで VMware のハイパーコンバージドインフラ、始められます!

ただカスタマイズをしたいという方も多いので、ReadyNode についてのよくある質問を日本語にしてみました。

  • vSAN ReadyNode の各ハードウェアコンポーネントリストの中から、キャッシュ用のデバイスを変更することはできますか?

同等以上のパフォーマンスや耐久クラスのデバイスであること
OEMベンダーさんのvSAN 互換性があること
この2点を守っていいただければ、変更することはできます。

  • vSAN ReadyNode のキャパシティデバイスをHDDからSSDに置き換えることはできますか?

ReadyNodeには大きく分けてオールフラッシュ、ハイブリッドのモデルがあります。
両モデルを混在して使用することはできません。

  • ReadyNodeに搭載されているものと異なるIOコントローラを使うことはできますか?

vSAN ReadyNode のパフォーマンスを決める、IOコントローラはストレージ機能の中核となるコンポーネントです。サポートされていないIOコントローラはパフォーマンスや高可用性の問題を引き起こす可能性があります。

  • vSAN ReadyNode構成を変更することによって、高性能モデルへ変更できますか?

オールフラッシュの中にもより高性能や大容量のモデルもありますのでそちらを選択ください。

  • ReadyNode からデバイスを変更するにはどうしたら良いの?

現在、ReadyNode ConfiguratorというツールはReadyNodeしか出てこないのですが、今後デバイス変更のオプションが実装される予定です!

  • ブートデバイスはvSAN 認定したものが必要?

vSANで、というものはありません。vSphere をインストールする場合と同様となりますので、ガイドラインについてはこちらのKBを参照ください。
https://kb.vmware.com/kb/2147723

ブートデバイスと同様にvSAN での認定要件はありません。ReadyNode のNICはIOVP(I/O Vendor Partner Package:OEM ドライバ入りパッケージ)が搭載されています。

 

 

原文記事

What you can (and cannot) change in a vSAN ReadyNode™? - Virtual Blocks

シンプロ?シック? - ポリシーベース管理⑦

急に寒くなって、雨が降って、もう秋がきちゃった。。

ファンヒーターの前から動かなくなる季節がやってこようとしています。

 

vForum の宣伝ばかりだったので、本日は久しぶりのポリシーベース管理シリーズです。

f:id:vmwarekkHCI:20170908171003p:plain



オブジェクト スペースの予約

仮想マシンのデプロイ時に予約する必要がある仮想マシン ディスク (vmdk) オブジェクトの論理サイズの割合(シック プロビジョニング)。

デフォルト値は 0% です。 最大値は 100% です。

 

vSAN データストアにおいてこのルールを明示的に指定していない場合、シンプロがデフォルトとなります。

 

ストレージの世界でも、vSphereの世界でもシンプロビジョニングという考え方はそれぞれありました。

よく構成で組まれていたのが、ストレージをシンプロにするならその効果を得られるように仮想マシンもシンプロにしましょうといった設定です。

外部ストレージと同様にvSAN にもシンプロかシックが選択することができます。

それがオブジェクトスペースの予約です。

vSAN はオブジェクトベースのストレージですので、オブジェクトが作成される時に初めからストレージ領域を予約するのか、しないのかをポリシーで選択することができます。

5年間のストレージ領域の増加を計画的に見積もったとしても計画通りには進まないこと多いのではないでしょうか。

シンプロがデフォルト、簡単にスケールアウトできるので足りなくなったら足す。

クラウドも必要な時に必要なリソースをという考え方のオンプレ版に近いかなぁと考えています。

 

性能ってどうなるんでしょうか。

確認してみました。

全く同じ仮想マシン、クローンでFTT1(ミラーリング)前提、シックとシンプロの比較です。

環境は他に仮想マシンが1台も動いていない無風です。

 

こちらがデフォルトのオブジェクトスペースの予約なし

f:id:vmwarekkHCI:20171013182342p:plain

f:id:vmwarekkHCI:20171013182337p:plain

 

 

こちらがシック、オブジェクトスペースの予約100%です。f:id:vmwarekkHCI:20171013182347p:plain

 

f:id:vmwarekkHCI:20171013182353p:plain

 

今回のテストではどちらもほぼ変わらないという結果になりました。

vForum 2017 ハンズオンラボ(HOL)も毎年恒例!

vForum の宣伝が多いのですが、本日は毎年恒例のハンズオンラボのご紹介です。

2年前、VMworldにHOL担当として参加して、なんだかんだ毎年関わっているような気がします。

f:id:vmwarekkHCI:20171012114238p:plainvFORUM 2017 - デジタルトランスフォーメーションの実現に向けた国内最大級のITカンファレンス

 

VMwareハンズオンラボ | vFORUM 2017 TOKYO

vForum 会場では説明とラボが一緒にできるワークショップ多め、日本語マニュアルがある最新のラボができます!

もちろんvForum のあとで、おうちでゆっくり取り組むこともできます。

vSAN のラボの番号はこちら。

HOL-1808-01-HCI - vSAN v6.6

環境はvSAN 6.6 (vSphere 6.5)となり、現在リリースされている6.6.1よりひとつ前のものとなりますが、大幅な機能追加があったバージョンです!

ぜひ、来場された際にはラボのところにも遊びにきていただければ嬉しいです。

 

 

続きを読む