"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

目次 - 迷ったらまず!

投稿数が増えてきたので目次としてまとめます。

随時UPDATE!!!

 

イベント /セミナー  

vforum.jp

2018年11月13日(火) - 14日(水) ザ・プリンス パークタワー東京

2018年12月14日(金) グランフロント大阪 ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター

 

 

よくある質問

よくある質問 - 一覧にしてみました(2017/2/23)

よくある質問 - 要件編 (2017/3/7)

よくある質問 - 一覧にしてみました②(2017/4/4)

よくある質問 - 一覧にしてみました③ (2017/10/19)

 

マニュアル/ユーザーガイド 

StorageHub VMware vSAN

VMware vSAN Doc (日本語)

 

ハンズオンラボ

HOL-1808-01-HCI - vSAN v6.6 - Getting Started

HOL-1808-02-CHG - vSAN v6.6 - Challenge Lab

 

運用管理シリーズ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ① - サマリ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ② - 導入

いつ、何を、どうやって、運用管理 ③ - 導入 Easy Installの手順

いつ、何を、どうやって、運用管理 ④ - 導入 Easy Installの構築後の確認

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑤ - 構成 Health Check

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑥ - 構成 Health Checkの番外編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑦ - 構成 Configuration Assist

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧ - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-2 - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-3 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-4 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-5 - 構成 アップデート 6.6.1編

 

HCI環境で vCenter + の運用管理を!

 

 

vSAN 6.6

vSAN 6.6 その1

vSAN 6.6 その2

vSAN 6.6 その3

vSAN 6.6 その4

vSAN 6.6 その5

vSAN 6.6 その6

vSAN 6.6 その7

 

vSAN 6.7 

vSAN 6.7 / vSphere 6.7 リリース!

vSAN 6.7 アップグレード そのいち

vSAN 6.7 アップグレード そのに

  

公式情報

公式情報は? ここ!その1 製品編

公式情報は? ここ!その2 ハードウェア編

ダンカンとコーマック

公式情報は? ここ!その3 仮想化・クラウド情報サイト 

 

HCI Powered by vSAN

VMware HCI - Dell EMCさん編

VMware HCI - 富士通さん編

VMware HCI - 富士通さん編:続 

VMware HCI - 日立システムズさん編

VMware HCI - 大塚商会さん編

 

StorageHub 

StorageHubシリーズ -どこに何があるの?

StorageHubシリーズ - DMZ

StorageHubシリーズ - VDI

StorageHubシリーズ - 管理クラスタ

 

サイジング

サイジング - HCIの容量サイジングとは①

サイジング - HCIの容量サイジングとは② 

サイジング - vSAN で使用するメモリ  

サイジング - オールフラッシュモデルのキャッシュ層サイジング

 

ポリシーベース管理

主役は仮想マシン!- ポリシーベース管理①

仮想マシンのデプロイとともに、ストレージをプロビジョニング! - ポリシーベース管理②

どうやって可用性を担保するのか - ポリシーベース管理③

オブジェクトとは - ポリシーベース管理④

コンポーネントの配置 - ポリシーベース管理⑤

強制プロビジョニング - ポリシーベース管理⑥

許容される障害数が2つに - ポリシーベース管理⑦

ソフトウェアチェックサム - ポリシーベース管理⑧

ストライプ - ポリシーベース管理⑨ 

フラッシュ読み取りキャッシュの予約 - ポリシーベース管理⑩

 

2ノードクラスタ

2ノードクラスタ その1

2ノードクラスタ その2

2ノードクラスタ その3

 

障害関連

モノは壊れるシリーズ①- HCIの障害って?

モノは壊れるシリーズ②- HWコンポーネントごとの影響範囲/a>

モノは壊れるシリーズ③- ハイブリッドとオールフラッシュ

モノは壊れるシリーズ④- vSAN 6.6.1までの再同期エンハンスメント

モノは壊れるシリーズ⑤- vSAN 6.6.1までの再同期エンハンスメント続

 

iSCSI シリーズ

vSAN のiSCSI とは①

vSAN のiSCSI とは② すぐ試せる

 

ストレッチクラスタ

vSAN ストレッチクラスタ①:ストレッチクラスタとは?

vSAN ストレッチクラスタ②:ストレッチクラスタの要件 そのいち

vSAN ストレッチクラスタ③:ストレッチクラスタの要件 そのに

vSAN ストレッチクラスタ④:ストレッチクラスタ構成方法

vSAN ストレッチクラスタ⑤:ストレッチクラスタの仮想マシンのストレージポリシー

 

 

久しぶりのマグロ丼

ご無沙汰しております。小佐野です。

今回もプライベートな報告と今更ですが毎年恒例のお祭りvForumのご案内です。

 

まずvForumから。

すでにイベント開催はご存知の方が多いと思いますが、まだ登録していないよ!という方はこちらから。

vforum.jp

去年はちょっと早かったですが、今年は例年通り。

HCI 関連のセッションもたくさんあります!

事例も実績も重ねてきたので、面白いものになっています!

満席で登録完了となっているもの多数ですが、当日入れることが多いのでセッション開始前に会場へ行ってみてください!

 

11/13(火)

基礎からわかる!HCI 入門 

vSAN環境の保護からクラウド連携まで

vSAN 6.7 の新機能と使いどころのポイント

【株式会社JR西日本ITソリューションズ様】 vSANによるHCIの実力 ~ミッションクリティカル基盤への採用~ 

【地方独立行政法人総合病院国保旭中央病院様】 病院内のIT課題を解決するSDDC 

事例から見る、VMware コンサルタントが明かす vSAN 活用の最前線と設計ポイント 

vSAN 障害事例の紹介とそのトラブルシューティング

 

11/14(水)

基礎からわかる!HCI 入門

[Super Session] HCI がもたらすイノベーション - VMware が提供する次世代データセンター基盤

【上田八木短資株式会社様】 金融市場インフラを支えるマルチDC環境へのvSAN導入および効果

ハイパーコンバージド比較 ~他社と HCI Powered by VMware vSAN の違い~

 

最近のお客様がやってみたい!という流行りはストレッチクラスタだそうです。(同僚情報)

このブログも相変わらずPV数が毎週更新していた時期と変わらず、vSAN が注目されていることがわかります。

徐々に更新再開していきます!

 

 

続きを読む

すごく個人的なポスト

f:id:vmwarekkHCI:20180730114035j:plain

Google検索でvSAN の技術情報をお探しのみなさま、本日はただの個人的な記事です。

vSAN 関係ないです。


このブログを稼働させたのが2017年2月、そこから約1年半。

おかげさまで最近更新がペースダウンしつつもプレビュー数は変わらず。

vSAN ブログといったら「HCI はじめました」

技術、イベント、宣伝の情報がまとまっているところと認知されたかなぁと自負しております!

 

続きを読む

白い画面に飽きたら。

新しいH5での画面キャプチャを取っていたら、青い画面が懐かしくなってしまいました。

vRealize の操作では1年以上前からこの白い画面が主流ですが、一部色を反転できるモードがありました。

それをvSphere でもできるというのは面白い、と思いご紹介です。

vSAN 関係ないです。

 

白いの反対は黒い。

黒い画面にしてしまう、プラグイン(非公式)が出ているようです!

Cool browser plugin for Dark Theme vSphere H5 Client | virtuallyGhetto

f:id:vmwarekkHCI:20180716125538p:plain

 

vSAN のかなり技術の深いところやコマンドライン、他製品との連携、さらには非サポートNested構成のTipsなんかも紹介しているWilliam Lamさんのブログです。

社内のvSAN コミュニティでも回答してくれる方なので、出どころは確実です。

ただ非サポート構成だったり、非推奨を無理やりやってみました系もたまにあるので注意です!

検証環境やNestedで試して見ることをおすすめします。

 

 

 

7月のベストプラクティス&インフォメーションの新規KBです。

Veritas NetBackup 8.1.1 with VMware vSAN datastores (55068)

NetBackupとの組み合わせでのベストプラクティスです。

f:id:vmwarekkHCI:20180716124712p:plain

 

VC/hostd/vmx files are out of sync in vSAN (55761)

ESXi ホストとvSAN での情報を同期するためのKBです。

エラー内容は必ずRVCでチェックを行ってから、不要なプロセスをKillします。

 

Configuring Custom Certificates on ESXi hosts to authenticate vSAN hosts (56441)

vSAN を使用している場合のvCenter の認証の設定方法について記載されています。

 

 

 

1ヶ月更新しないとドキドキしてきたので、簡単に引用記事とさせていただきます。 

StorageHub更新情報とWSFCのKB

更新が少しあいてしまっていました。 

梅雨ですが、今日は晴れ間が!洗濯物がよく乾きました。 

 

 

StorageHub更新情報

 

storagehub.vmware.com

vSAN 6.7 Proof of Concept Guide

最新vSAN 6.7のPoCガイド(英語)がリリースされました。

UIが全てHTML5 Clientになっていますので、 6.7での細かい手順を確認する場合はこちらをお使いください。

 

 

storagehub.vmware.com

SQL Server FCI and File Server on VMware vSAN 6.7 using iSCSI Service

こちらは6.7でサポートが開始された、Windows 環境でのクラスタリングにおいてvSAN iSCSI ターゲットサービスを使用する場合のガイドライン、構成例、同環境での性能試験結果がまとめられています。

 

 

 

WSFCのKB 

Using SQL Server Failover Clustering on a vSphere 6.7 vSAN Datastore with vSAN iSCSI Target Service: Guidelines for supported configurations (54461)

 

上記のリファレンスアーキテクチャガイドにもまとめられていますが、決まりごとだけをサッと確認するのであればこちらを。

vSAN 6.7 環境さわってみたい、とき!

みなさま、テストドライブというものをご存知でしょうか。

EUC系の製品を試したことがあるというお客様はもしかすると、ああ、アレね、となっているかも。

 

SDDC系の製品を試す場合は、

  • お手持ちの空っぽの物理サーバに入れてみる
    サポートの話はちょっと横に置いておいて
  • NestedでESXi on ESXi を作ってみる
    ちょっとコツが必要かも、英語の情報はたくさん転がっているけれど。
  • ハンズオンラボをやってみる
    構成が決まっている環境なので、マニュアル以外に何ができるか自分で考えないといけない

このような選択肢があると思います。

 

VMware TestDrive

f:id:vmwarekkHCI:20180518170521p:plain

まずはご登録(SIGN UP)を。 

 

 

 

ログインしてModernize Data Centersを見ると、最新 vSAN 6.7 + vROps を試せるプログラムがあります!!! 

f:id:vmwarekkHCI:20180518170346p:plain

 

環境の接続手順はこちらから。 

Introduction to vSAN with vCenter and vROps – VMware TestDrive

 

 

この仮想デスクトップを開くと、インターフェースやvROps連携の確認ができます。

f:id:vmwarekkHCI:20180518171059p:plain

 

 

表示言語の変更はハンズオンラボと同様に、ブラウザの言語設定の変更をすることで日本語で全て見ることができます。

f:id:vmwarekkHCI:20180518172326p:plain

 

便利ですねー!

操作方法を理解しているちょっと慣れた方向けにはなりますが、最新でしかもvROpsつき。

登録して、環境をのぞいてみてください!

ありがとうございました VMware Evolve カンファレンス 2018

先日5/16(水)に行われた VMware Evolve カンファレンス 2018、数多くのお客様にご来場いただきありがとうございます。

 

f:id:vmwarekkHCI:20180523141015p:plain

 

SDDC、マルチクラウド、HCI、セキュリティといったインフラまわりのテーマの中で、お気に入りのセッションはありましたでしょうか。

 

ブレイクアウトセッションの資料ダウンロードが開始されています。

ご登録いただいている方はメールが来ていないかご確認ください。

 

 

 

当日は少しだけブース(一番突き当たり)にいたのですが、ちょっと狭かったですね。

たくさんの方に来ていただいたので嬉しい悲鳴ではあるのですが。

会場、自社イベントでの利用が初めてだったのですが、お天気もよくビル群のオフィス街らしさを満喫しました。

(自宅から電車乗り換えいらずで行けたのも嬉しいポイント

 

次の大きめのイベントはvForum 2018でしょうか。

今年はどこで開催されるのかなー!