"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

目次 - 迷ったらまず!

投稿数が増えてきたので目次としてまとめます。

随時UPDATE!!!

 

イベント /セミナー

vFORUM 2017 - デジタルトランスフォーメーションの実現に向けた国内最大級のITカンファレンス

11/21(火)@大阪 グランフロント大阪

 

仮想化ステップアップ教室 2017

ぎゅっと詰め込まれたミニvFORUMです。

11−12月 全国8拠点、東名阪以外で開催です!

 

x年後に後悔しないHCIを正しく選定する "目利きになれるセミナー“

VMware HCI の入門から採用いただいたお客様の声をお届けします。

11−12月 全国8拠点、東名阪で開催です!

 

よくある質問

よくある質問 - 一覧にしてみました(2017/2/23)

よくある質問 - 要件編 (2017/3/7)

よくある質問 - 一覧にしてみました②(2017/4/4)

よくある質問 - 一覧にしてみました③ (2017/10/19)

 

マニュアル/ユーザーガイド 

StorageHub VMware vSAN

VMware vSAN Doc (日本語)

 

ハンズオンラボ

最新バージョン準備中

 

運用管理シリーズ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ① - サマリ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ② - 導入

いつ、何を、どうやって、運用管理 ③ - 導入 Easy Installの手順

いつ、何を、どうやって、運用管理 ④ - 導入 Easy Installの構築後の確認

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑤ - 構成 Health Check

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑥ - 構成 Health Checkの番外編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑦ - 構成 Configuration Assist

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧ - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-2 - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-3 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-4 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-5 - 構成 アップデート 6.6.1編

 

vSAN 6.6

vSAN 6.6 その1

vSAN 6.6 その2

vSAN 6.6 その3

vSAN 6.6 その4

vSAN 6.6 その5

vSAN 6.6 その6

vSAN 6.6 その7

 

  

公式情報

公式情報は? ここ!その1 製品編

公式情報は? ここ!その2 ハードウェア編

ダンカンとコーマック

公式情報は? ここ!その3 仮想化・クラウド情報サイト 

 

HCI Powered by vSAN

VMware HCI - Dell EMCさん編

VMware HCI - 富士通さん編

VMware HCI - 富士通さん編:続 

VMware HCI - 日立システムズさん編

VMware HCI - 大塚商会さん編

 

StorageHub 

StorageHubシリーズ -どこに何があるの?

StorageHubシリーズ - DMZ

StorageHubシリーズ - VDI

StorageHubシリーズ - 管理クラスタ

 

サイジング

サイジング - HCIの容量サイジングとは①

サイジング - HCIの容量サイジングとは② 

サイジング - vSAN で使用するメモリ  

サイジング - オールフラッシュモデルのキャッシュ層サイジング

 

ポリシーベース管理

主役は仮想マシン!- ポリシーベース管理①

仮想マシンのデプロイとともに、ストレージをプロビジョニング! - ポリシーベース管理②

どうやって可用性を担保するのか - ポリシーベース管理③

オブジェクトとは - ポリシーベース管理④

コンポーネントの配置 - ポリシーベース管理⑤

強制プロビジョニング - ポリシーベース管理⑥

許容される障害数が2つに - ポリシーベース管理⑦

 

 

vSAN KB 通信 10月 リリース情報

いくつか新しいパッチがリリースされていましたので、そのご紹介です。

 

vSphere 6.0をお使いの方(vSAN 6.2)

Express Patch 11が出ております。

vSphere/vSAN 6.0 EP11 - VMware ESXi 6.0, Patch Release ESXi600-201710301

KB 2151042

 

vSphere 6.5をお使いの方 (vSAN 6.6.x)

Express Patch 4が出ております!

vSphere/vSAN 6.5 EP4 - VMware ESXi 6.5, Patch Release ESXi650-201710401

KB 2151042

 

 

vSAN のバージョンで同じ6.x台のものでも6.5なのか6.2なのか、機能がかなり異なりますので、ESXiのバージョンとの相互関係はご確認を!

Build numbers and versions of VMware vSAN (2150753)

 

 

10月のトップアクセスKB一覧です! 

Top VSAN articles for October 2017

Top VSAN articles for October 2017 - Support Insider - VMware Blogs

  1. Diskgroups fail to mount due to heap exhaustion
  2. Adding additional hosts to an existing vSAN cluster
  3. Component metadata health check fails with invalid state error
  4. vCenter Server task list shows several erroneous messages stating: Update vSAN configuration
  5. VMware vSAN witness appliance may be using evaluation license key instead of embedded key
  6. vSAN Build Recommendation Engine Health fails
  7. Adding existing vSAN hosts to a new vSAN cluster after rebuilding vCenter Server
  8. Local Disks goes into Permanent Device Loss (PDL) state with inbox drivers for mpt2sas
  9. Redirecting system logs to a vSAN object causes an ESXi host lock up
  10. Virtual Machine with more than 64GB memory fails to Storage vMotion to vSAN cluster
  11. VMware vSAN datastore not listed as a matching datastore when creating a storage based policy
  12. vSAN 6.2 hybrid disk group performance degradation
  13. vSAN health test fails on Performance Service
  14. vSAN PCIE/NVMe SSDs Receive Warning for HCL Health Check

vSAN 5.5のみのものや、6.2固有のものもあります。

 

vSAN のiSCSI とは② すぐ試せる

vSAN って iSCSI 共有できるんだよね?とまた聞かれましたので。

物理サーバにvSAN データストアから切り出したiSCSI ターゲットを提供する機能です。

 

vSAN の iSCSI ターゲットサービスはこちらからどういうものかご確認ください!

vmwarekkhci.hatenablog.jp

 

手順自体はvSAN のハンズオンラボにもあるので実際にお試し可能です!

HOL-1808-01-HCI - vSAN v6.6 - Getting Started

vSAN 6.6 環境が用意されていますので、モジュール4のiSCSI ターゲットの有効化、構成、監視がすべてわかります!

f:id:vmwarekkHCI:20171114163854p:plain

 

 

ユーザガイドはこちら

iSCSI Target Usage Guide

 

既存環境からVMware HCIへ移行 ④

Migrating to vSAN

 

物理環境からの移行

ローカルディスクかもしれませんし、共有ストレージかもしれません。

物理から仮想へ=vSAN 環境へ!

 

vMotion は仮想化されたサーバがファイルとなっているため、格納するデータストアや稼働するホストを自由に選ぶことができます。

仮想化されていない場合は、まずこのサーバを仮想化してファイルにしてしまうことから始まります。 

f:id:vmwarekkHCI:20171108162322p:plain

VMware Converter を使用して物理サーバを仮想化します。

変換先のデータストアをvSAN データストア、vmdkはシンプロビジョニングを選択。

これで完了です。

他にもVMware 以外が提供している有償無償のP2Vツールはありますので、使いやすいものを選んでまず仮想化を!

既存環境からVMware HCIへ移行 ③

Migrating to vSAN

RDMからの移行

RDM(Raw Device Mapping)として仮想マシンが握っている物理領域からvSAN データストアへ

 

 

RDM仮想マシンの仮想ハードディスクではなく、直接的に外部ストレージのLUNをストレージ領域となります。

もう少し丁寧な説明をKBから抜粋します。

RDM は、マッピング済みのデバイスメタデータを管理する VMFS ボリュームに含まれる特別なマッピング ファイルです。 マッピング ファイルは、通常のファイル システムの操作に使用できる、通常のディスク ファイルとして管理ソフトウェアに提供されます。 仮想マシンには、ストレージ仮想化レイヤにより、マッピング済みのデバイスが仮想 SCSIバイスとして提供されます。

 

今回のRDM の移行では、ディスク監視として使用されているRDMWindows の場合ファイル共有監視に変更してしまいましょう!という手順の紹介がされています。

f:id:vmwarekkHCI:20171108161009p:plain

従来型のクラスタでの監視コンポーネント/クォーラムとしてRDMでマウントされたLUNをディスク監視として指定することが多くありました。

直接SCSIバイスを握るクォーラム方式ではなく、Windowsクラスタの機能であるファイル共有監視により通常のVMFSやvSAN データストアにあるWindows 仮想マシンをそのファイルを配置先に指定することが可能です。

 

データベースでの RDM領域を直接マウントからの移行するための手順ではないので、ご注意ください。

 

vFORUM 2017 オンライン編

vFORUM 2017 から1週間経ちました。

通常モードに戻りつつ、期末、年度末に向けて準備を色々しております。

 

vFORUM ONLINEというサイトはご存知でしょうか。

f:id:vmwarekkHCI:20171107142619p:plain

2017年の登録をされている方。

ログインした状態で、下記リンクをクリックすると各セッションの資料がダウンロードできます!

HCI 関連でダウンロード可能なもののリンクまとめとなります。

特にお客様事例がDLできるのは珍しいので、ぜひ。

ここだけの話、大阪講演でさらにパワーアップするらしいです。DL資料も変わるかも...?

 

Day 1

バッチリ分かるHCI ! 入門編 | vFORUM ONLINE

HCI Powered by VMware vSAN、やっぱり気になる運用管理 | vFORUM ONLINE

日立が贈るHCIソリューションでVMware vSANを使い倒す | vFORUM ONLINE

ザ・ノンフィクション『ユーザ事例から見るvSANのリアル』 | vFORUM ONLINE

SDDC と HCI を支える高信頼性と高性能の新基準vSAN ReadyNode のご案内 | vFORUM ONLINE

HCI適用について本気で考える | vFORUM ONLINE

コンテナオブジェクトで自動化!ハイパーコンバージドインフラの効率的なバックアップとは | vFORUM ONLINE

HCI powered by vSANが提供する7つの価値 | vFORUM ONLINE

 

Day 2

これで安心、設計から運用まで。 vSAN の全てを完全解説!! | vFORUM ONLINE

柔軟性、高効率性、安全性がポイント!DX時代に向けたHCI導入のポイント | vFORUM ONLINE

【お客様事例講演】ゲームサーバ&認証課金システムを刷新!! カプコンのSDDC化への第一章はvSAN導入から! | vFORUM ONLINE

業務継続を最大化するVDI feat. HCI powered by vSAN | vFORUM ONLINE

vSANから自動化まで! vRealize Operations Manager 6.6 で変わる運用最適化とは? | vFORUM ONLINE

 

 

既存環境からVMware HCIへ移行 ②

CPUの互換性、vCenter サーバのシングルサインオン、これらも今まで通りの検討が必要です。
 
VMFS/NFSからの移行
外部ストレージやファイルサービスで提供されたデータストアからvSAN データストアへ
f:id:vmwarekkHCI:20171107140737p:plain
 
vMotion が当たり前のように使用されるようになっていますが、一度振り返ってみましょう。
vMotion はクラスタ内のホスト間を移動する機能です。
ライセンスは Essentials Plus以上
 
vSphere 6.0からvCenterをまたいだCross-vCenter vMotionや長距離 vMotion といった拠点や管理が異なる環境をまたいでvMotion ができる機能が追加されています。
ライセンスは Enterprise Plus以上
 
よくあるvMotion はホストを移動するタイプのものですが、
仮想マシンを異なるデータストアへ移動するStorage vMotion もあります。
既存環境からの移行、ストレージの移行を考える際はこのStorage vMotion を使用して仮想マシンのデータを完全に移行します。

 

同時実行数については構成の上限をご確認ください。

https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/6.5/vsp-esxi-vcenter-server-651-configuration-maximums-guide.pdf

 

既存環境で異なる外部ストレージのLUNから構成されたデータストアでの移行と全く手順は変わりません。

vMotion とStorage vMotion を組み合わせてデータ移行を簡単に!オンラインで!