"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

目次 - 迷ったらまず!

投稿数が増えてきたので目次としてまとめます。

随時UPDATE!!!

 

イベント /セミナー

VMware ハイパーコンバージドキャラバン

6月から9月まで!全国各地で開催予定。

 

よくある質問

よくある質問 - 一覧にしてみました(2017/2/23)

よくある質問 - 要件編 (2017/3/7)

よくある質問 - 一覧にしてみました②(2017/4/4)

 

運用管理シリーズ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ① - サマリ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ② - 導入

いつ、何を、どうやって、運用管理 ③ - 導入 Easy Installの手順

いつ、何を、どうやって、運用管理 ④ - 導入 Easy Installの構築後の確認

 

vSAN 6.6

vSAN 6.6 その1

vSAN 6.6 その2

vSAN 6.6 その3

vSAN 6.6 その4

vSAN 6.6 その5

vSAN 6.6 その6

vSAN 6.6 その7

  

公式情報

公式情報は? ここ!その1 製品編

公式情報は? ここ!その2 ハードウェア編

ダンカンとコーマック

公式情報は? ここ!その3 仮想化・クラウド情報サイト 

 

HCI Powered by vSAN

VMware HCI - Dell EMCさん編

VMware HCI - 富士通さん編

VMware HCI - 富士通さん編:続 

VMware HCI - 日立システムズさん編

VMware HCI - 大塚商会さん編

 

StorageHub 

StorageHubシリーズ -どこに何があるの?

StorageHubシリーズ - DMZ

StorageHubシリーズ - VDI

StorageHubシリーズ - 管理クラスタ

 

サイジング

サイジング - HCIの容量サイジングとは①

サイジング - HCIの容量サイジングとは② 

 

ポリシーベース管理

主役は仮想マシン!- ポリシーベース管理①

仮想マシンのデプロイとともに、ストレージをプロビジョニング! - ポリシーベース管理②

どうやって可用性を担保するのか - ポリシーベース管理③

 

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧ - 構成 アップデート

どんどん増えていく運用管理シリーズ。

いつ、何を、どうやって、運用管理 ① - サマリ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ② - 導入

いつ、何を、どうやって、運用管理 ③ - 導入 Easy Installの手順

いつ、何を、どうやって、運用管理 ④ - 導入 Easy Installの構築後の確認

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑤ - 構成 Health Check

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑥ - 構成 Health Checkの番外編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑦ - 構成 Configuration Assist

 

さて、まだ構成の続きです。

アップデート

 

Firmwareのアップデートをやったことがある方、HWベンダーさんやSIerさんはもちろん普段のお仕事の一つとして行なっていると思います。

エンドユーザとしてサーバを運用されている方も、もしかするとサポートの指示でFWあげるとなおります、あげてください、と言われたことがあるかもしれません。

サーバやネットワーク、ストレージなど機器ごとに手順が違う。

同じサーバでもHWベンダーが変わればやり方も変わる。

1度やってみればそんなに難しくないけれど、2回目があるのかどうか...

2回目のときにはツールが変わっている、なんてことも。

 

vSANに(サーバ仮想化にプラスアルファで)必要なHWコンポーネントとして3つあります。

この3つの中で、IOコントローラのドライバーやファームウェアアップデートをWeb Clientからキックして行うことができます。

 

 

Web Clientからクラスタ>設定>Virtual SAN>アップデート

まずアップデート準備のためのVIBをインストールします。

f:id:vmwarekkHCI:20170720163655p:plain

 

次にファームウェアをアップデートするためにファームウェアのダウンロードを行います。

f:id:vmwarekkHCI:20170720163637p:plain

 

 

ファームウェアダウンロードのエンドユーザー使用許諾契約書の確認を行います。

f:id:vmwarekkHCI:20170720163641p:plain

 

そしてアップグレードです!

Before

f:id:vmwarekkHCI:20170720163644p:plain

ローリングアップグレードさせることを選ぶと、仮想マシンがオンラインのまま実施することが可能です。

*FTT=0の場合、仮想マシンが止まる可能性あり。必ずストレージポリシーはFTT=1以上で!

f:id:vmwarekkHCI:20170720163634p:plain

 

After

指定されたファームウェアへアップデートされました! 

f:id:vmwarekkHCI:20170720163650p:plain

 

 

このアップデート機能は現時点で、 DellLenovo富士通、Supermicroが対応しています。

 

今回はファームウェアのアップデートでしたが、ドライバも必要があれば更新リストに出てきます。

 

 

ようやく、シリーズ次回はDAY2へ!

 

 

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑦ - 構成 Configuration Assist

回数が増えてきてしまっているのでアーカイブリンクを先に。  

いつ、何を、どうやって、運用管理 ① - サマリ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ② - 導入

いつ、何を、どうやって、運用管理 ③ - 導入 Easy Installの手順

いつ、何を、どうやって、運用管理 ④ - 導入 Easy Installの構築後の確認

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑤ - 構成 Health Check

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑥ - 構成 Health Checkの番外編

 

運用管理、構成編の続編です。

構成の部分には構成管理、ライフサイクル管理があり、の2つの中で、前者を担当するのが

Configuration Assist

です。

vSAN 環境を作るにあたり、必ず設定や確認が必要な項目についてが出てきます。

正しい構成テストという形で実施します。

大きく分けて5カテゴリあります。

汎用クラスタ(vSphere クラスタの可用性):vSphere HA や DRSの有効化

vSAN の構成:vSANの有効化、vSAN で使用するディスクの要求

書き込みテストプロアクティブテスト

ネットワーク構成チーミング、vDSの使用

ハードウェア互換性:コントローラ、コントローラFW/ドライバ、デバイス設定(パススルー or RAID0)、HCL DBの更新

 

全てが緑色に輝いていれば全く問題ございません。

黄色になっていてもAsk VMwareをクリックするとKBに飛びますので、ワークアラウンドを確認し、迷わず解決することが可能です。

 

 

例えば、物理NICの項目に警告が出ています。 

f:id:vmwarekkHCI:20170719160116p:plain

これはこの環境の物理NICが1個しか接続されていない機材のため、チーミングをしておりません。

 

 

 

例えばハードウェア互換性、コントローラファームウェアが認定済みでないものが適用されている警告が出てきます。

f:id:vmwarekkHCI:20170719160124p:plain

ファームウェア適切なものが適用されていません!と。

 

 

健全性チェックと何が違うと?となると、vSAN のソフトウェアよりHWに近い部分でのチェックができます。

導入後、構成変更後、クラスタとして構成を確認する場合にはConfiguration Assistで!

頑丈そうな、HCI。

アメリカならでは、だとは思いますが。

こんなところにもvSAN!という変わり種をご紹介します。

 

ANY MISSION...Anytime, Anywhere

どこかで聞いたことのありそうなAnyの3連発。

 

M3-SE-VSAN-P

http://www.dtechlabs.com/wp-content/uploads/2017/02/M3-SE-VSAN-P_Datasheet_3.0.pdf 

http://www.punchingclouds.com/wp-content/uploads/2016/04/smallformfactor.jpeg

キャリーケースにすっぽり。

持ち運び可能な小さなサーバ、1つあたり、10cm x 26cm x 17cm 2.67kgです。

手のひらサイズより少し大きい片手で持てるサーバです。

 

http://www.dtechlabs.com/wp-content/uploads/2016/09/M3-SE-VSAN-P.jpg

おもちゃのように見えますが、立派なサーバです。

データセンタにサーバやストレージがいなければならないという考え方ではなく、ユースケースとしてはミリタリーセクターの移動式システムとして活躍しています。

 

 

http://www.punchingclouds.com/wp-content/uploads/2016/04/VSAN-DTECHLABS-LOGO.png

 自宅に1セットいかがでしょうか?

 

 

 

参考

blogs.vmware.com

変わり目、新しい世代へ!

vSAN のReadyNodeに新しい世代のサーバ、Intel Purleyを搭載した物理サーバが仲間入りしました! 

f:id:vmwarekkHCI:20170714152919p:plain

blogs.vmware.com

 

ラインナップとしてあげられているHWベンダーさんは下記となります。

Dell 14G   R740,R740XD,R640

HPE Gen10 DL380,DL360

Cisco M5  C240,C220

Supermicro Ultra 2U

最新のハードウェアで、構成を検討いただく際は、まずHCLをチェック!

VMware Compatibility Guide - vsan

 

 

続きを読む

【求む】VMware HCI発信している人、これからしたい人【仲間】

お客様、パートナーさん、ベンダーさん、そして社内的にもこのブログの認知度が上がってきたような気がしています。

 

 

きっとそろそろ私だけではなく、vSAN のTipsまとめたよ〜とか。

日々VMware に関するブログ書いているんだけどたまにはvSAN のことも書こうかな〜とか。

そんな人がきっと増えているはず!

 

f:id:vmwarekkHCI:20170713172042p:plain

ということで。

情報発信しているブログをお持ちの方

情報発信しているブログを知っている方

コメント欄でもFacebookのメッセージでも直接メールでも、手段は問わないのですが小佐野までご連絡を!

お願いします!

 

 

続きを読む

New!!! for All-flash!!! ③

その他番外編ということで。

 

Simpleを選択しても、3種類のワークロードがあり、昨日はGeneral purposeを選びました。

明確な用途が決定している場合には、他を選択してサイジングを行ってください。

 

VDI

Horizonでの仮想デスクトップの作成方法、フルクローンとリンククローンの2つから選択します。

f:id:vmwarekkHCI:20170711164918p:plain

Relational Database

OracleMicrosoft SQLサーバから選択します。

f:id:vmwarekkHCI:20170711164911p:plain

もう一つTipsとして。ライセンス見積もり関連です。

2.Data Service Selection では使用するvSAN ライセンスのエディションが異なります。

Yes:仮想マシンのストレージポリシーのデータ保護レベルにおいてイレイジャーコーディングを使用、重複排除・圧縮有効

No:仮想マシンのストレージポリシーのデータ保護レベルにおいてミラーリングを使用、重複排除・圧縮無効

 

vSAN のライセンスエディション全てにオールフラッシュ使用権がありますが、その内容は異なります。

Standardの場合

ハイブリッドと同様のライセンス、仮想マシンの保護はミラーリングでのみ可能

Advancedの場合

容量効率性を向上させる機能であるイレイジャーコーディング(RAID5/6)や重複排除・圧縮機能が使用可能

 

ここでYesを選択した場合にはvSAN エディションはAdvancedとなりますので、HW+ライセンスの見積もりを出す場合にはお気をつけください。