"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

目次 - 迷ったらまず!

投稿数が増えてきたので目次としてまとめます。

随時UPDATE!!!

 

イベント /セミナー 

仮想化ステップアップ教室 2017

ぎゅっと詰め込まれたミニvFORUMです。

11−12月 全国8拠点、東名阪以外で開催です!

 

x年後に後悔しないHCIを正しく選定する "目利きになれるセミナー“

VMware HCI の入門から採用いただいたお客様の声をお届けします。

11−12月 全国8拠点、東名阪で開催です!

 

よくある質問

よくある質問 - 一覧にしてみました(2017/2/23)

よくある質問 - 要件編 (2017/3/7)

よくある質問 - 一覧にしてみました②(2017/4/4)

よくある質問 - 一覧にしてみました③ (2017/10/19)

 

マニュアル/ユーザーガイド 

StorageHub VMware vSAN

VMware vSAN Doc (日本語)

 

ハンズオンラボ

HOL-1731-SDC-1 - vSAN v6.5: What's New

HOL-1731-SDC-2 - vSAN v6.5 Advanced: Operations

 

運用管理シリーズ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ① - サマリ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ② - 導入

いつ、何を、どうやって、運用管理 ③ - 導入 Easy Installの手順

いつ、何を、どうやって、運用管理 ④ - 導入 Easy Installの構築後の確認

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑤ - 構成 Health Check

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑥ - 構成 Health Checkの番外編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑦ - 構成 Configuration Assist

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧ - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-2 - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-3 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-4 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-5 - 構成 アップデート 6.6.1編

 

vSAN 6.6

vSAN 6.6 その1

vSAN 6.6 その2

vSAN 6.6 その3

vSAN 6.6 その4

vSAN 6.6 その5

vSAN 6.6 その6

vSAN 6.6 その7

 

  

公式情報

公式情報は? ここ!その1 製品編

公式情報は? ここ!その2 ハードウェア編

ダンカンとコーマック

公式情報は? ここ!その3 仮想化・クラウド情報サイト 

 

HCI Powered by vSAN

VMware HCI - Dell EMCさん編

VMware HCI - 富士通さん編

VMware HCI - 富士通さん編:続 

VMware HCI - 日立システムズさん編

VMware HCI - 大塚商会さん編

 

StorageHub 

StorageHubシリーズ -どこに何があるの?

StorageHubシリーズ - DMZ

StorageHubシリーズ - VDI

StorageHubシリーズ - 管理クラスタ

 

サイジング

サイジング - HCIの容量サイジングとは①

サイジング - HCIの容量サイジングとは② 

サイジング - vSAN で使用するメモリ  

サイジング - オールフラッシュモデルのキャッシュ層サイジング

 

ポリシーベース管理

主役は仮想マシン!- ポリシーベース管理①

仮想マシンのデプロイとともに、ストレージをプロビジョニング! - ポリシーベース管理②

どうやって可用性を担保するのか - ポリシーベース管理③

オブジェクトとは - ポリシーベース管理④

コンポーネントの配置 - ポリシーベース管理⑤

強制プロビジョニング - ポリシーベース管理⑥

許容される障害数が2つに - ポリシーベース管理⑦

ソフトウェアチェックサム - ポリシーベース管理⑧

ストライプ - ポリシーベース管理⑨ 

 

2ノードクラスタ

2ノードクラスタ その1

2ノードクラスタ その2

2ノードクラスタ その3

 

 

VMware HCI - Lenovoさん編

まだご紹介していなかったVMware HCI がありました...!

発表からかなり出遅れましたが、LenovoさんのVMware HCI です。

 

f:id:vmwarekkHCI:20180119150335p:plain

 

ハードウェアベンダーさんから出されるアプライアンスの場合、ReadyNodesと何が違うの?思われることが多いかもしれません。

が、アプライアンス型にすると嬉しいことが一目でわかりますね!

f:id:vmwarekkHCI:20180119145805p:plain

管理ソフトウェアはXClarity、ハードの特有のツールとしてシステム全体管理が可能です。

サポートではハードもソフトもおまとめ窓口、迷わずまず!電話ができます!

 

独り言:他のベンダーさんのVMware HCIもこの観点でまとめたいですね...

 

 

 

 詳しくは小宮さんが熱い思いを込めて書いているこちらの記事をご覧ください!

ThinkAgile VXのご紹介 - LTN Blog 〜 Lenovo Technology Network 〜

 

 

HCI環境で vCenter + の運用管理を!

お休みが長かったので社会復帰のペースがまだ戻っておりません。。

毎日毎日電車が遅延するのもそのペースが戻らない原因の一つだと思っています。

個人的な嬉しいこととして通勤で使っている路線が、3月中旬、複々線化が完了します!

きっとその効果を体感してほしいということで、無理やり遅延を起こしているんだと言い聞かせて毎日通勤です。

 

 

VMware 環境、そしてハイブリッドクラウドの運用管理も可能なクラウドプラットフォームといえばvRealize。 

そんなvRealizeの中からOperations(可視化/分析/予測)とLog Insight(リアルタイムログ管理/解析)とvSAN の組み合わせるホワイトペーパーがリリースされました!

vRealize Operations and Log Insight in vSAN Environments

 

このブログでは全く触れていなかったので、後日ご紹介しますねー!

f:id:vmwarekkHCI:20180116192528p:plain

お客様事例:株式会社日本キャンパック様

事例のご紹介です。

すでに10月11月のvFORUMで紙やPDFでの配布は行なっていましたが、Web掲載が開始されました!

 

vSAN だけでなくさまざまなVMware製品やソリューションのお客様の事例リンクは下記にまとまっています。

PDFがダウンロードできるのはこちらです。

お客様の成功事例

 

こちらはIT価値創造塾というマイクロサイトです。

両方に掲載させていただいています。

vmware-juku.jp

 

 

 

vSAN ストレッチクラスタという点では世界初となる公開事例かもしれません。

vSAN のSite Redundancy の機能としてストレッチクラスタがあります。

異なるサイトにあるホストからひとつのクラスタを構成する一般的にはメトロクラスタと呼ばれるものです。

vMotion により仮想マシンが自由に行ったり来たりすることはもちろん、同一クラスタでの機能といえば自動的に仮想マシンが再起動するHAも、サイト間をまたいだクラスタで実現可能となります。

 

メトロクラスタを構成する場合、メトロクラスタを構成可能なストレージが必要です。

メトロクラスタ vmware

と検索すると、このようなKBが出て来ます。

EMC VPLEX を使用して VMware vSphere Metro Storage Cluster (vMSC) を実装する (2077195)

Hitachi Storage Cluster を使用した VMware vSphere への vSphere Metro Storage Cluster の実装について (2075209)

HP 3PAR Peer Persistence を使用して vSphere Metro Storage Cluster (vMSC) を実装する (2110883)

 

メトロクラスタを実現するための要件をクリアしているストレージではやはりミッドレンジ-ハイエンドのストレージと言うこともわかります。

 

正確にはメトロクラスタとvSAN ストレッチクラスタは異なりますが、異なるサイトのホストを同一クラスタとし、クラスタとしての機能を活かすということは変わりません。

vSAN を使用する場合、サイトを意識することなく共有データストア = vSAN データストアを手に入れることができますが、もちろんこのストレッチクラスタも同様です。

 

vSAN のストレッチクラスタ機能により、アクティブ-アクティブのデータセンターを実現したお客様の事例、ぜひご覧ください。

新年のご挨拶

遅くなりましたが。

あけましておめでとうございます!

今年、2018年は、もっともっとVMware HCI 年度にしていきたいので、みなさま引き続きよろしくお願いします。

 

 

USでDuncanやCormacが著者のvSAN の徹底入門的な書籍が出ていました。

初版もそうなのですが、ユーザガイドやホワイトペーパーよりもアーキテクチャがとても詳しく書かれています。

しかし、定価は50ドル、vSANだけにしてはそこそこ高いです。

a.co

 

その書籍が、少し前にDuncan Eppingからのプレゼントとして無料公開されています!!

f:id:vmwarekkHCI:20180109095457p:plain

Introduction to the book - vSAN Essentials 6.2

 

現在新しいバージョンでの本を書いているということなのでそれも楽しみにしつつ。 

 

(もちろん50$ぐらいするでしょう…

 

お客様、私たち、どちらにとっても嬉しい仕組み。

先日最新パッチ、vSphere 6.5 Patch 02 がリリースされ、vSAN のアップデートにvSAN Support Insightというものがありました。

  

CEIPというプログラムをご存知でしょうか?

「CEIPプログラムに参加しますか?」

とWeb Client ログイン時やHost Client ログイン時にポップアップが出てきたことはないでしょうか。

なかなかvCenter サーバをインターネットに接続していないことが多いとは考えていますが、このCEIPプログラムに参加すると嬉しいことをご紹介します!

 

VMware カスタマーエクスペリエンス向上プログラム

製品とサービスの改善、問題の修正、製品の導入と使用の最適な方法についてのアドバイスを行うために必要な情報を収集 

そもそもCEIPはお客様の環境情報を収集し、VMware の開発に役立てる、そしてお客様に還元するとプログラムです。

重要なシステムでどんな情報を取られるかわからない、有効になんてできない!と思ってしまいがちですが、お客様固有のシステムや個人を特定するような情報は取得していません。

安心して有効にしていただきたいです。

 

今回のリリースvSphere 6.5 Patch 02では vSAN サポートインサイトが実装されています。

vSAN Support Insight

下記のような情報を収集するので、いつかきっとそのうちバグフィックスするための情報だけではなく、もし何か障害が発生した時にすぐに役立ちます。

  • お客様の環境情報(仮想マシンではなくホストレベル)
  • vSAN としてどのような設定がされているのかという構成情報
  • vSAN 構成として健全性やパフォーマンス

サポートにリクエストをあげる場合、ホストは何台、バージョンは、vSAN のディスク構成、と必ずハードウェアを含め環境情報の把握から始まります。

このプログラムは上記の情報があるため、お客様に聞くことなく、中身のデータではなく、箱としてのvSANの情報を事前に共有しておくことができます。

ホワイトペーパーの中に取得できる情報例がありますので、ご覧ください。

 

CEIPの設定は簡単です!

クラスタ > 監視 > vSAN > 健全性

f:id:vmwarekkHCI:20171226174458p:plain

オンライン健全性 > カスタマ エクスペリエンス改善プログラム(CEIP)
ここで有効化されているか確認できます。

vSphere としての設定と同じなので、vSAN としての設定はありません。

 

続きを読む

モノは壊れるシリーズ③- ハイブリッドとオールフラッシュ

ちょっとだけ違う、よ!をもう少し詳しめに説明させていただきます。

 

 キャパシティデバイスが障害にあった際の影響範囲について、前回構成により異なることをお伝えしました。

具体的にどうなるの?というと。図にまとめています。

f:id:vmwarekkHCI:20171222151602p:plain

一般的な、ハイブリッド構成は必ずこちらになります。

オールフラッシュ構成でも重複排除圧縮を使用していない場合は同様です。

キャパシティデバイスに入っているデータだけが影響を受け、その使用された容量が他のキャパシティデバイスにコピーされます。

上の図の場合は障害が発生したデバイスに格納されていない仮想マシンのData部分は影響を受けないことがわかります。

 

f:id:vmwarekkHCI:20171222151606p:plain

こちらがオールフラッシュ構成で重複排除圧縮を有効にした影響範囲の図です。

ディスクグループ単位で重複排除が行われているため、ディスクグループ全体に対してアクセス不可となります。

ディスクグループ全体の復旧/再同期が行われるので、デバイス1本の障害より復旧まで時間がかかる場合があります。

上の図では各ホストに1つのディスクグループがあるため影響範囲はホスト障害と等しくなります。

もし2つのディスクグループがあれば、そのグループ単位で影響範囲となります。

もちろんどちらの構成も許容する障害の数(FTT)が1以上となっていますので、仮想マシンに対するアクセスは可能です。

 

 

 

 

次回予告

再同期のエンハンスメントって?vSAN 6.6以降で何が変わった?