"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

目次 - 迷ったらまず!

随時UPDATE!!!

 

イベント / セミナー  

VMware DAY

VMware DAY - 大阪(11/19)/福岡(11/26)/名古屋(11/28)

2019年11月19日(火)@大阪

2019年11月26日(火)@福岡

2019年11月28日(木)@名古屋

 

f:id:vmwarekkHCI:20191111155004p:plain

2019年11月12日(火) - 13日(水) @ ザ・プリンスパークタワー東京

ご登録はこちらから!

vforum.jp

 

 

オンラインセミナー

2019年12月4日(水)

VMware vSAN によるHCI 視点から振り返るvFORUM 2019, VMware DAYvSphere / vSAN オンラインセミナー 2019#13【オンライン開催】

 

2020年1月22日(水)

2020 年度のスタートダッシュに向けて、"今" IT 部門に出来る事vSphere / vSAN オンラインセミナー 2019#14 【オンライン開催】

 

よくある質問

よくある質問 - 一覧にしてみました(2017/2/23)

よくある質問 - 要件編 (2017/3/7)

よくある質問 - 一覧にしてみました②(2017/4/4)

よくある質問 - 一覧にしてみました③ (2017/10/19)

 

マニュアル/ユーザーガイド 

StorageHub VMware vSAN

VMware vSAN Doc (日本語)

 

ハンズオンラボ

HOL-1908-01-HCI - vSAN v6.7 - Getting Started

HOL-1908-02-CHG - vSAN v6.7 - Challenge Lab

HOL-1908-91-HCI - vSAN 6.7 Lightning Lab

HOL-1928-01-HCI - VxRail - Getting Started

 

運用管理シリーズ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ① - サマリ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ② - 導入

いつ、何を、どうやって、運用管理 ③ - 導入 Easy Installの手順

いつ、何を、どうやって、運用管理 ④ - 導入 Easy Installの構築後の確認

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑤ - 構成 Health Check

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑥ - 構成 Health Checkの番外編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑦ - 構成 Configuration Assist

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧ - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-2 - 構成 アップデート

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-3 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-4 - 構成 アップデート 6.6.1編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-5 - 構成 アップデート 6.6.1編

HCI環境で vCenter + の運用管理を!

 

 

vSAN 6.6

vSAN 6.6 その1

vSAN 6.6 その2

vSAN 6.6 その3

vSAN 6.6 その4

vSAN 6.6 その5

vSAN 6.6 その6

vSAN 6.6 その7

 

vSAN 6.7 

vSAN 6.7 / vSphere 6.7 リリース!

vSAN 6.7 アップグレード そのいち

vSAN 6.7 アップグレード そのに

 

vSAN 6.7U1 復習シリーズ

VMware vSAN 6.7U1 って今どうなってるの? ① サマリ

VMware vSAN 6.7U1 って今どうなってるの? ② 運用管理編

VMware vSAN 6.7U1 って今どうなってるの? ③ 障害復旧編

VMware vSAN 6.7U1 って今どうなってるの? ④ 性能編

VMware vSAN 6.7U1 って今どうなってるの? ⑤ 導入準備編

 

vSAN 6.7U3

vSAN 6.7 U3 アップデート!ー うちの子、最新 ー

vSAN 6.7 U3 リリース!

vSAN 6.7 U3 アップデート!詳細編①

vSAN 6.7 U3 アップデート!詳細編②

vSAN 6.7 U3 アップデート!詳細編③

vSAN 6.7 U3 アップデート!詳細編④

vSAN 6.7 U3 アップデート!詳細編④-続き

vSAN 6.7 U3 アップデート!詳細編⑤

 

公式情報

公式情報は? ここ!その1 製品編

公式情報は? ここ!その2 ハードウェア編

ダンカンとコーマック

公式情報は? ここ!その3 仮想化・クラウド情報サイト 

 

HCI Powered by vSAN

VMware HCI - Dell EMCさん編

VMware HCI - 富士通さん編

VMware HCI - 富士通さん編:続 

VMware HCI - 日立システムズさん編

VMware HCI - 大塚商会さん編

 

StorageHub 

StorageHubシリーズ -どこに何があるの?

StorageHubシリーズ - DMZ

StorageHubシリーズ - VDI

StorageHubシリーズ - 管理クラスタ

 

サイジング

サイジング - HCIの容量サイジングとは①

サイジング - HCIの容量サイジングとは② 

サイジング - vSAN で使用するメモリ  

サイジング - vSAN で使用するメモリ New!!!(2019/10/8)

サイジング - オールフラッシュモデルのキャッシュ層サイジング

 

ポリシーベース管理

主役は仮想マシン!- ポリシーベース管理①

仮想マシンのデプロイとともに、ストレージをプロビジョニング! - ポリシーベース管理②

どうやって可用性を担保するのか - ポリシーベース管理③

オブジェクトとは - ポリシーベース管理④

コンポーネントの配置 - ポリシーベース管理⑤

強制プロビジョニング - ポリシーベース管理⑥

許容される障害数が2つに - ポリシーベース管理⑦

ソフトウェアチェックサム - ポリシーベース管理⑧

ストライプ - ポリシーベース管理⑨ 

フラッシュ読み取りキャッシュの予約 - ポリシーベース管理⑩

 

2ノードクラスタ

2ノードクラスタ その1

2ノードクラスタ その2

2ノードクラスタ その3

 

障害関連

モノは壊れるシリーズ①- HCIの障害って?

モノは壊れるシリーズ②- HWコンポーネントごとの影響範囲

モノは壊れるシリーズ③- ハイブリッドとオールフラッシュ

モノは壊れるシリーズ④- vSAN 6.6.1までの再同期エンハンスメント

モノは壊れるシリーズ⑤- vSAN 6.6.1までの再同期エンハンスメント続

 

iSCSI シリーズ

vSAN のiSCSI とは①

vSAN のiSCSI とは② すぐ試せる

 

ストレッチクラスタ

vSAN ストレッチクラスタ①:ストレッチクラスタとは?

vSAN ストレッチクラスタ②:ストレッチクラスタの要件 そのいち

vSAN ストレッチクラスタ③:ストレッチクラスタの要件 そのに

vSAN ストレッチクラスタ④:ストレッチクラスタ構成方法

vSAN ストレッチクラスタ⑤:ストレッチクラスタの仮想マシンのストレージポリシー

vSAN ストレッチクラスタ⑥:ストレッチクラスタの仮想マシンのストレージポリシー New!!!

 

 

vForum 2019 HCI ZONEのご紹介

あと5日!

f:id:vmwarekkHCI:20191106134205p:plain

 

2019年11月12日(火) - 13日(水) @ ザ・プリンスパークタワー東京

ご登録はこちらから!

vforum.jp

 

 

 

 HCI ZONE

今年は名前が変わりまして、パビリオンではなくゾーンです。

パートナー各社様のVMware HCI が勢揃いです!

f:id:vmwarekkHCI:20191105162645p:plain

HCI ZONE | SOLUTIONS SHOWCASE

HCI ZONE
VMware の HCI ソリューションの全貌をご紹介します!
国内市場において、迅速な導入や容易な管理、そして柔軟な拡張性といったメリットへの理解が進んでいる HCI は今後も成長が見込まれています。
業界唯一の vSphere ネイティブのストレージソリューションである VMware vSAN は、もっとも幅広い HCI 導入オプションの選択肢をお客様に提供します。 HCI ZONE では、VMware と パートナー各社(ハードウェアメーカー)によるブース展示で、ハードウェア実機を含めた HCI 製品概要、ソリューションの強み、実績や事例、導入・運用のノウハウなどを交えてご紹介します。ぜひお立ち寄りください!

 

わたくし、ここにいます。

関連セッションを見に行く以外は2日間フルでいます。

VMware ブースとして事例とデモの2ブースをご用意しています。

事例ブースは公開事例の詳細や、もしかすると裏話が聞けちゃうかも?

デモブースは最新ハードウェア、いつものハードウェア、ストレッチクラスタなど、最新バージョン6.7U3の子たちが揃っています!

ぜひ、遊びにきてくださーい!

vSAN 6.7 U3 アップデート!詳細編⑤

vSAN 6.7U3のアップデート内容をリリースノートからピックアップ!

docs.vmware.com

 

 

続きまして。

一時的なバックアップや他vCenterが管理する直接ストレージvMotion ができない場合、外部ストレージのVMFSボリュームであればVMDKをダウンロードすることが可能でした。

vSAN の場合はVMDKのダウンロードができないため、OVFテンプレートで仮想マシンを丸ごとテンプレート化する手法が代替となっていました。

ついに!

vSAN 6.7U3において、vSAN データストアからVMDKのアップロード、ダウンロードが可能になりました!

  • vSAN データストアからの VMDK のアップロードおよびダウンロード。このリリースでは、vSAN データストアとの間で、VMDK をアップロードおよびダウンロードする機能が追加されました。この機能により、容量管理が厳しいシナリオで仮想マシン データを簡単に保護して、リカバリすることができます。


 

手順、といってもデータストアのファイルをダウンロードするだけです。

f:id:vmwarekkHCI:20190924122400p:plain

この仮想マシンのVMDKをダウンロードしてみます。

 

 

f:id:vmwarekkHCI:20190924123055p:plain

データストア>ファイル

ダウンロード対象のVMDKを選択し、ダウンロードをクリックします。

 

f:id:vmwarekkHCI:20190920141536p:plain

ポップアップのダウンロードをクリックします。

ダウンロードが開始されます。

 

 

 

 

共有ストレージのVMFSやNFSだったらできたのに!ということがvSAN データストアでも可能になりました。

一時的にバックアップとして保存したい、他データストアにVMDKを持っていきたいという場合にお使いください。

vSAN ストレッチクラスタ⑥:ストレッチクラスタの仮想マシンのストレージポリシー New!!!

ストレッチクラスタの障害時の挙動を書こうと思っていたのですが、あれ?もしかしてポリシーのところ古いままだな...と最後に更新したストレッチクラスタ記事(2018年4月)を見返していて発見しました。

 

vSAN ストレッチクラスタ⑤:ストレッチクラスタの仮想マシンのストレージポリシー

 

プライマリレベルのFTT(PFTT)、セカンダリレベルのFTT(SFTT)という表現ではなくなりました!

ストレッチクラスタを使用している場合と通常のvSANクラスタの場合でややこしくなっていた、PFTTとSFTT。

よりわかりやすく!設定時に使う用語が変わったのでご紹介です。

 

f:id:vmwarekkHCI:20191031113622p:plain

仮想マシンのストレージポリシー作成時、vSAN のルールを決めましょうという画面です。

可用性のタブの下、2種類の項目があります。

サイトの耐障害性

許容される障害の数

初期画面では

サイトの耐障害性 なし-標準クラスタ

許容される障害の数 1件の障害-RAID-1(ミラーリング)

となっています。

同一サイトに展開されたホストで、通常のvSAN クラスタでのポリシーのデフォルトとなります。

 

注目したいのは、サイトの耐障害性です。

プルダウンを開いてみると。

f:id:vmwarekkHCI:20191031114014p:plain

なし - 標準クラスタ
なし - ネストされたフォルトドメインを持つ標準クラスタ
デュアルサイトミラーリング(ストレッチクラスタ)
なし - 優先サイトにデータを保持(ストレッチクラスタ)
なし - 非優先サイトにデータを保持(ストレッチクラスタ)
なし - ストレッチクラスタ

6つの選択肢があります。

 

ストレッチクラスタに注目してみると4つあります。

デュアルサイトミラーリング(ストレッチクラスタ)
いわゆるストレッチクラスタ、サイト間でミラーリングをします。

なし - 優先サイトにデータを保持(ストレッチクラスタ)
ストレッチクラスタに配置する仮想マシンに割り当てるポリシーで、優先サイト(プライマリサイト)にのみデータを保持します。
イコール、プライマリサイトのみで稼働する仮想マシンにしか使えません。

なし - 非優先サイトにデータを保持(ストレッチクラスタ)
上と反対の、非優先サイト(セカンダリサイト)にのみデータを保持します。
イコール、セカンダリサイトのみで稼働する仮想マシンにしか使えません。

なし - ストレッチクラスタ
これは説明が見つからず、試しに作ってみました。
ストレッチクラスタですが、サイトの考え方を無視してクラスタ内のホストにコンポーネントが配置されます。
サイト間ミラーリングになったり、サイト内におさまったり、ウィットネスだけセカンダリにいたりと、空いているところに配置します。
これは使うことはないと思います。

 

f:id:vmwarekkHCI:20191031115745p:plain

許容される障害の数は今まで通りです。

サイトの耐障害性でデュアルサイトミラーリングを選択、かつ許容される障害の数で1件の障害-RAID-1(ミラーリング)を選ぶと、サイト間でミラーリングかつローカル保護もミラーリングとなります。

サイトの耐障害性でデュアルサイトミラーリングを選択、かつ許容される障害の数で1件の障害-RAID-5(イレージャーコーディング)を選ぶと、サイト間でミラーリングかつローカル保護もRAID-5となります。

サイトの耐障害性でデュアルサイトミラーリングを選択、かつデータの冗長性なしを選ぶと、ローカル保護なし、ストレッチクラスタがリリースされた直後のサイト間ミラーリングのみの構成となります。

 

ストレッチクラスタは稼働している全ての仮想マシンが自動的に完全同期されるわけではありません。

異なるポリシーを作成し、プライマリサイトのみで稼働するもの、セカンダリサイトのみで稼働するもの、ローカル保護するしないを柔軟に設定できます。

完全同期のクラスタを簡単に導入でき高可用性が必要なものだけサイト間ミラーリング、他仮想マシンは通常と変わらずに運用することができるのは嬉しいですね。

 

 

vSAN ストレッチクラスタ①:ストレッチクラスタとは?

vSAN ストレッチクラスタ②:ストレッチクラスタの要件 そのいち

vSAN ストレッチクラスタ③:ストレッチクラスタの要件 そのに

vSAN ストレッチクラスタ④:ストレッチクラスタ構成方法

vSAN ストレッチクラスタ⑤:ストレッチクラスタの仮想マシンのストレージポリシー

vFORUM 2019 お客様の生の声!

あっという間に10月が終わってしまいます!

最近寒いし雨降るし、秋ってこんなお天気でしたっけ、と思う毎日です。

 

f:id:vmwarekkHCI:20191029141916p:plain

 

2019年11月12日(火) - 13日(水) @ ザ・プリンスパークタワー東京

ご登録はこちらから!

vforum.jp

 

 

すでにご登録いただいている方も多いと思いますが、しつこく!宣伝していきます。

今日のまとめはお客様による事例セッションです。

 

f:id:vmwarekkHCI:20191029143453p:plain

事例でフィルタすると、実はこんなにあります!

どんな製品を使って嬉しかったのか、苦労したのか、カテゴライズするとこんな感じです。

タイトルだけだと、中身がわからないのでぜひ詳細も確認いただき、ご登録をお願いします。

 

ハイブリッドクラウド(オンプレ/VMC on AWS)

【お客様事例:オプテージ様】 OPTAGEにおけるVMware Cloud on AWS導入について

【お客様事例:JR東日本情報システム様】 JR東日本グループのプライベートクラウド基盤リニューアルにおけるvSAN、vRealize Automation、vRealize Orchestrator導入事例

【お客様事例:九州電力様・九電ビジネスソリューションズ様】 九州電力のプライベートクラウドの更なる展開に向けた取組み

【お客様事例:DMM.com様】 DMMのアジリティを加速するVMware Cloud on AWS ~AWSとオンプレのいいとこどり~

【お客様事例:世田谷区教育委員会様】 教育委員会におけるクラウド活用について

 

デジタルワークスペース(Horizon/Workspace ONE)

【お客様事例:SOMPOシステムズ様】 損保ジャパン日本興亜の営業活動を支えるシステム刷新

【お客様事例:住友電気工業様】 25万人のモバイルワークスタイルを支えるグローバル基盤の強化

【お客様事例: JALインフォテック様】 JALグループの働き方改革~VMware Cloud on AWSを使ったDaaSプラットフォーム構築までの道のり~

 

ネットワーク&セキュリティ

【お客様事例:伊藤忠テクノソリューションズ様】 VMware SD-WANを活用した新たなネットワークの形

【お客様事例:三菱総研DCS様】 SD-WAN by VeloCloud 自社導入プロジェクトで直面した課題と解決までの道のり | vFORUM 2019

 

 

大雨、さむい

寒くなってきましたねぇ。雨が

10月の山手線はススキだそうです。

なかなか車両の端っこを見る機会がなく9月は見逃しました。

でも検索するのは嫌なので、また来年を楽しみにします。

 

 

ただの感想です。

先日、久しぶりにオンラインセミナーでお話しました。

オンラインセミナーが久しぶりなのではなく、制限時間ありの丸1時間話し続けること自体が1年以上ぶりでした。

画面に向かって淡々と。隣にはちょっとニヤつく営業さんが。

聞いてくれている方の顔が見えないので余計に緊張して、はじめの自己紹介がぐだぐだになったことで滑り出しがうまくいかず。

慣れってあるんだなぁと実感しました。

もっとこう話せばよかったとか反省点は色々ありますが、これから元に戻せるよう頑張ります。

 

 

次回予告です。

このストレッチクラスタシリーズの続きをポストします!

ポリシーの設定のところが少し変わっているので、アップデート!

と、障害時の挙動はまた続きでやりたいです。

お楽しみに〜

vmwarekkhci.hatenablog.jp

オンラインセミナーのご案内 vSphere/vSAN セミナー2019#11

数回に渡ってvSphere / vSAN のオンラインセミナーがこの秋も!開催されます。

 

f:id:vmwarekkHCI:20190826135237p:plain

vSphere / vSAN オンラインセミナー 2019#11
[新卒ウェビナー企画]初めてのサーバー・ストレージ仮想化入門!!【オンライン開催】

2019年10月30日(水)12:00~13:00(受付開始11:50)

 

お申し込み、まだまだ間に合います!

ご登録はこちらから!

 

vmware-juku.jp

 

vForumでも毎年人気ですぐ満席になってしまう、新卒による初心者目線の仮想化入門がオンラインセミナーにもやってきました! 

今までUNIX系やってましたという方、同じように新卒の方、基本の復習がしたいなという方、ぜひご参加くださーい!