"HCI" はじめました。

vSAN担当小佐野舞です。VMwareのHCIを広めるため日々活動していきます。

目次 - 迷ったらまず!

投稿数が増えてきたので目次としてまとめます。

随時UPDATE!!!

 

イベント /セミナー

VMware ハイパーコンバージドキャラバン

6月から9月まで!全国各地で開催予定。

 

よくある質問

よくある質問 - 一覧にしてみました(2017/2/23)

よくある質問 - 要件編 (2017/3/7)

よくある質問 - 一覧にしてみました②(2017/4/4)

 

運用管理シリーズ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ① - サマリ

いつ、何を、どうやって、運用管理 ② - 導入

いつ、何を、どうやって、運用管理 ③ - 導入 Easy Installの手順

いつ、何を、どうやって、運用管理 ④ - 導入 Easy Installの構築後の確認

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑤ - 構成 Health Check

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑥ - 構成 Health Checkの番外編

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑦ - 構成 Configuration Assist

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧ - 構成 アップデート

 

vSAN 6.6

vSAN 6.6 その1

vSAN 6.6 その2

vSAN 6.6 その3

vSAN 6.6 その4

vSAN 6.6 その5

vSAN 6.6 その6

vSAN 6.6 その7

  

公式情報

公式情報は? ここ!その1 製品編

公式情報は? ここ!その2 ハードウェア編

ダンカンとコーマック

公式情報は? ここ!その3 仮想化・クラウド情報サイト 

 

HCI Powered by vSAN

VMware HCI - Dell EMCさん編

VMware HCI - 富士通さん編

VMware HCI - 富士通さん編:続 

VMware HCI - 日立システムズさん編

VMware HCI - 大塚商会さん編

 

StorageHub 

StorageHubシリーズ -どこに何があるの?

StorageHubシリーズ - DMZ

StorageHubシリーズ - VDI

StorageHubシリーズ - 管理クラスタ

 

サイジング

サイジング - HCIの容量サイジングとは①

サイジング - HCIの容量サイジングとは② 

 

ポリシーベース管理

主役は仮想マシン!- ポリシーベース管理①

仮想マシンのデプロイとともに、ストレージをプロビジョニング! - ポリシーベース管理②

どうやって可用性を担保するのか - ポリシーベース管理③

オブジェクトとは - ポリシーベース管理④

コンポーネントの配置 - ポリシーベース管理⑤

強制プロビジョニング - ポリシーベース管理⑥

 

 

いつ、何を、どうやって、運用管理 ⑧-2 - 構成 アップデート

今日は補足を少しだけ。

 

以前vSAN 6.6 のアップデートと絡めて運用管理、サーバのIOコントローラアップデートについて記事を書きました。

vmwarekkhci.hatenablog.jp

 

手順はリンク先をご確認ください。

 

どこを探しても対応しているハードウェアの記載が見つからず。。

実機で試してみるしかないっ!!!

となっていたのですが、ありました。

f:id:vmwarekkHCI:20170817182159p:plain

ソースは社内なので、対応機種一覧だけ記載します。

DELL
Perc H730 Adapter, PERC H730 Mini and another H730 Mini , PERC H730P Adapter, PERC H730P Mini and another H730P Mini

 

Lenovo
Lenovo ThinkServer RAID 720i AnyRAID Adapter, Lenovo ThinkServer RAID 720ix AnyRAID Adapter, ServeRAID M5210 SAS/SATA Controller

 

Fujitsu 
PSAS CP400i

 

Supermicro
SMC3008, SMC3108

 

各HWベンダーさんの主要のコントローラのFWアップデートに対応しています。

 

 

そろそろお夕飯を食べて飛行機に乗らないといけないので、お先に失礼しまーす!

NECさんのお客様事例!

VMware 以外からのvSAN 事例は珍しい...!

vSAN 事例と書きましたが、 東かがわ市様のVMware vSANを搭載したNECさんのハイパーコンバージド・インフラストラクチャ VDIモデルの事例となります。

 

jpn.nec.com

 

導入されたお客様の声は、検討いただいている方にとって何よりも参考になるのではないでしょうか。

 

写真や構成図も詳細に公開されているのでとてもわかりやすいです。

特にご注目いただきたいのはお客様のカギカッコ内の生の声です!

VMware HCI - NECさん編

ハイパーコンバージドインフラ、すぐにでも導入したい。

設置したらすぐに使いたい。

 

そんな時はアプライアンス

 

最近このシリーズ書いてなかったようです。

久しぶりのHCIのご紹介はNECさんのVMware HCI!!!

 

ハイパーコンバージド・システム| NEC

http://jpn.nec.com/pcserver/solution/hyper_converged/images/index_pic_03.jpg

 Express5800シリーズのx86サーバ、運用管理ソフトウェアとして独自の「WebSAM SigmaSystemCenter」、vSphere/vSAN/(Horizon)から構成されています。

統合プラットフォーム管理 WebSAM SigmaSystemCenter: WebSAM | NEC

勉強不足だったのですが、HWも包含して仮想環境(マルチハイパーバイザ)を一元管理できる、さらにはハイブリッドクラウド管理ツールでもある、と。_φ(・_・

 

シャーシタイプの高集積/高密度モデルから一般的な1U/2Uのサーバ、VDIに特化したモデルと様々なラインナップが用意されています。

http://jpn.nec.com/pcserver/solution/hyper_converged/images/index_pic_05.jpg

 

やはり日本企業ならではという点では全国に拠点があり、安心して運用管理していくことができますね。

HCI、どれにしようかな。

本日は記事紹介です。

タイトルにはVMware と入っていないですが、他のHCI製品と何が違うの?どんなメリットがあるの?という資料のダウンロードができます。

 

techtarget.itmedia.co.jp

 

 

ハイパーコンバージドインフラではなくコンバージドシステムのマジッククアドラントですが、HW含めたベンダーさんとなるのでVMware はここにはいないんですよね。

様々な製品が今、2017年現在世の中にある中で、上のホワイトペーパーを読んでいただけたら嬉しいです。

https://www.gartner.com/resources/291000/291000/291000_0001.png;wae70c7b1ee59ab37d?reprintKey=1-3E3UTVI

https://www.gartner.com/doc/reprints?id=1-3E3UTVI&ct=160804&st=sb

サイジング - vSAN で使用するメモリ

vSAN を使おう!HWを準備しよう!

そこで必要となるのがメモリのサイジング です。

ESXi 領域 + vSAN 領域 + 仮想マシンで使用する領域を合算すると、ホストに搭載するメモリ容量を決定できます。

 

f:id:vmwarekkHCI:20170810160941p:plain

vSAN のメモリサイジングKBはこちら 

kb.vmware.com

 

計算式が記載されています。

BaseConsumption

+

(NumDiskGroups * (DiskGroupBaseConsumption + (SSDMemOverheadPerGB * SSDSize)))

+

(NumCapacityDisks * CapacityDiskBaseConsumption)

 

BaseConsumption = 5426 MB
DiskGroupBaseConsumption = 636 MB
SSDMemOverheadPerGB (hydrid) = 8 MB
SSDMemOverheadPerGB (allflash) = 14 MB
CapacityDiskBaseConsumption= 70 MB

 

 

一律10GB必要です!という訳ではなく、デバイスの構成によって異なります。

わかりやすく、ReadyNode のプロファイルで計算例を書いていきます。

*実際のデバイス構成は各HWベンダーさんによっても異なっているので、vSAN Hardware Quick Reference Guideのプロファイルでの例です。

  

AF-4:ディスクグループ1つ、キャッシュサイズ200GB、キャパシティデバイス4本

ベースが5426MB

ディスクグループが14MBx200=2800MB

キャパシティデバイスが4本x70MB=280MB

合計すると、8,506MB

 

AF-6ディスクグループ2つ、キャッシュサイズ200GB、キャパシティデバイス8本

ベースが5426MB

ディスクグループが14MBx200=2800MB x2グループで5600MB

キャパシティデバイスが8本x70MB=560MB

合計すると、11,586MB

 

 

AF-8ディスクグループ2つ、キャッシュサイズ400GB、キャパシティデバイス12本

ベースが5426MB

ディスクグループが14MBx400=5600MB x2グループで11200MB

キャパシティデバイスが12本x70MB=840MB

合計すると、17,466MB

 

HW構成を組む時に、デバイスの数までわかると詳細に計算することができます。

ベースは5GB、ディスクグループの数によりプラスαがあるということをご理解ください。

最近のHCI 市場動向

7/11に発表されたHCI 市場のリサーチ結果の気になるところを抜き出してみました。 

 

2017年 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)活用の最新動向と今後の施策

http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2017Server_usr_rel2.pdf

 

発行元はこちら 

www.norkresearch.co.jp

 

 

700社の声を集めたレポートとなっています。

IDCさんやガートナーさんのレポートでも市場の盛り上がりが伝えられていますが、 よりユースケースがわかる結果がありました。

 

すでにHCIを導入済みのお客様は全体の1割程度。

まだまだ普及途中で、検討いただいているフェーズのお客様がたくさんいらっしゃいます。

その中でどんなシステムに対してHCIを活用している/していくのかという項目が4ページ目にあります。

基幹系業務システム(会計、購買/販売、人事/給与、生産、在庫など)
分析/出力系システム(ビッグデータ、BI、レポーティング、帳票など)
商材流通システム(eコマース、EDI、O2O、オムニチャネルなど)
情報共有システム(メール、グループウェアSNS、Web会議など)
営業/顧客管理系システム(SFACRM、コンタクトセンタなど)
デスクトップ仮想化システム(デスクトップ仮想化環境(VDI)のサーバ)
開発および試験用システム(負荷テスト、システム連携確認など)
認証管理システム(Active DirectoryOpenLDAPなど)
文書共有システム(ファイルサーバ、プリンタサーバなど)

複数回答ではあるものの、インフラと強くアプリケーションが結びつく時代は終わってしまっているのか、なんでもアリですね。

 

これはVMware HCI powered by vSAN に限った話ではないのですが、vSphereのユースケースってなんですか?と同じくらい、サーバ仮想化+ストレージ(HCIでソフトウェアストレージ)が様々な基盤のインフラとして検討されていることがとてもよくわかります。

 

参考までにVMware の2016年導入いただいたお客様のユースケースのアンケート結果はこちら。

f:id:vmwarekkHCI:20170808124915p:plain

このビジネスクリティカルアプリは上にあげられているほぼ全てのシステムとなります。

 

これからはハードウェア+仮想化までは意識せずに、システムやアプリケーション中心の考え方がより大きくなっていく中で、HCIの活躍できる場をぜひご検討ください。